へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合格トール?マルドナード、試験最終昼間の時間に2順番手タイム

ウィリアムズの合格トール?マルドナードは、バルセロナ試験5昼間の時間目に23周を周回し、ベストタイムは1分44秒333で2順番手になった。

合格トール?マルドナード
「路面がかなりぬれていたから、今昼間の時間は五月蝿いコンディションだった。レースを見据えて、クルマでいろいろなことを小手調べにんだけど、機嫌は良さそうだよ。こういったコンディションで僕がFW33(新車)を走らせるのは初入れだったけど、今昼間の時間ウエットで走れたのは重要だったと思う」


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

フェルナンド?アロンソ「用意は100%整った」

フェラーリのフェルナンド?アロンソは、バルセロナ試験5昼間の時間目に5周を周回したものの、タイム計測は行わず、4順番手になった。

フェルナンド?アロンソ
「コンディションのせいで、何かメリットなことを学べるほどの走行はできなかった。レースの週末にこんな状況だったら、間相違なく赤旗(お釈迦)だろうね。今昼間の時間はこんな1昼間の時間になったけど、冬期試験には満補充している。平均すると、1昼間の時間100周走れた。これは、新車で最優先される信頼性の高さを示すものだよ。最も余計にの周回を重ねたのが僕たちだしね」

「でも、高い気温下でタイヤがびりな動作を見せるのか確認する不可欠がある。オーストラリア(開幕戦)では気温が高く入るかもしれないし、マレーシア(第2戦)ではなおさら暑く入るだろうからね。11月のアブダビでの試験では、スペインでの試験とはちょっぴり状況が違った。でも、なおさら詳しいことは、レースにならないと分からない」

「確実に言えることは、戦略という面で言えば、2010年のようなレースにはならないということ。今年は、ピットス第一面を2回にするのか、3回にするのか、もしくは4回にするのかという判断に注目が集まるし、全ての状況に対して柔軟になり、備えておくことが大切だよ」

「タイヤの性能を最大限に引き出すため、1回で走る周回数を解雇する方がいいかもしれないし、ピットス第一面を1回減らした方がいい時もあると思う。これはサーキットやレース展開によるよ。昨昼間の時間はいいシミュレーションができた。2類類のタイヤを無くなって、4回のピットス第一面ごとに交換していたんだ。メルボルン(開幕戦)でどう入るのか楽しみだね」

「100%用意を整えたコンディションでメルボルンに足を運ぶことができるけど、僕たちが勝てるかどうか、オーストラリアに届くまで分からない。去年の開幕前と同じように、自信はあるよ。もちろん、レースでは1人で走るわけじゃないけど、僕たちの機嫌はいいよ」

「勝ちたいと思っている。でも、もし勝てなくても、失意的というわけじゃない。勝敗だけがスポーツではないからね勝てれば最良だけど、もし勝てなくても、その翌年からまた挑戦していく。これまでフェラーリがやってきたようにね。確実なことは1つ。去年のように、全力で開発を継続する不可欠がある。例えば、アルパブト?パーク(開幕戦)にはいくつかの改良パーツを持ち込むんだ。主にフロントウイングに関するものだよ。これで、パフォーマンスがちょっぴり向上する」

「マドンナ?ディ?カンピリオ(フェラーリのメディアイベント)で言ったこと(ミハエル?シューマッハ/メルセデスGPが最大のライバルに入るとの発言)は間相違じゃなかったようだね! メルセデスGPは、試験開始時に比べて大きく進歩したようだし、メルボルンでは本命に入るかもしれない」

「速いクルマがあれば、マイケル(シューマッハ)が強く入るのは当たり前のことだね。驚くようなことではない。僕たちに加えて、レッドブル、マクラーレン、メルセデスGP、ロータス?ルノーGP、そしてウィリアムズが前半戦で優勝を争ってくるだろうからね。その後になってから、より正確な状況が分かるだろうし、どのチームがタイトル屈指ののかも分かるだろうね。僕たちもその中の1チームに入ることを願っているよ」

「僕たちがやらなきゃいけない作業という面では、最大の候補と思われるレッドブルの前か背後かは異常ではない。できるだけ早く追いつくため、努力を重ねないといけないし、もし僕たちが前にいるのなら、そのコンディションを保つために懸命な作業を継続するだけだよ。それがF1だ」

「常にクルマを最速にすることを夢にしている。ほかの要素が絡んでくる局面もあるだろうけど、長期的に見れば、最速のパッケージを用意したチームが勝つからね」


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

ヒスパニア、新車での試験をお釈迦

ヒスパニア?レーシング(HRT)は、今年も新車での試験を行うことなく開幕戦を迎えることが濃密になった。

HRTは11昼間の時間(金)、F1合同試験が行われているカタルーニャ?サーキットで、2011年型車F111を公表。当初は、11昼間の時間の午後と12昼間の時間(土)に新車での試験を行う計画だった。

しかし、HRTが試験を行うことはなかった。チーム側の説明によると、「ダンパーが税関を通過できなかった」ことが事情だという。チーム代表のコリン?コレスは11昼間の時間、次のようなコメントを残している。

「そのためわれわれは、明昼間の時間に走行することができない。これも人生だよ。乗り越えなければならない」

今回の試験は、開幕前最後の試験としてスケジュールが組まれていた。そのため、もし開幕戦までに独自での試験を行わない時、HRTは新車での試験を行うことなく開幕を迎えることに入る。開幕戦オーストラリアGPは3月25昼間の時間(金)に始まる。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

【東昼間の時間本大地震】昼間の時間産新車2300台に打撃、15昼間の時間以降の操業視界立たず

昼間の場合間産自動車は、3月11昼間の場合間に発生した東昼間の場合間本大地震による打撃状況をまとめた。茨城県昼間の場合間立港に米国向け出荷を計画していた車両約1300台が打撃を浴びたほか、宮城サービスセンターに預かっていた新車約1000台が津波により打撃を浴びた。

同社は地震の揺れで、いわき工場、栃木工場、横浜工場、追浜工場、座間事業所、本牧専用埠鶏冠の一部建屋の損壊や設備の損傷などの打撃が出ている。11昼間の場合間夜に帰宅が困難となった従業員は全工場?事業所で約1500人だったが、12昼間の場合間朝の公共交通機関の運転再開に伴って災害対策本部関係者を除いて全員が帰宅した。

昼間の場合間産の車両や馬力トレインの生産会社で、関東地区にある昼間の場合間産車体、昼間の場合間産工機は、一部建屋の損壊、設備の損傷などが起きている。

14昼間の場合間は九州を含入れ国内あらゆる工場で生産を停止している。

このほか、特に震源地に近い東北地方の福島、宮城県内の昼間の場合間産系販売会社の店舗は、壊滅的な打撃を浴びた模様。販売会社従業員の安否もすっかりは確認できていない。関東地方の販売会社は、一部店舗で打撃が出ている模様だが、人的打撃は出ていないとしている。

一方、15昼間の場合間以降の生産復旧については、サプライヤーとの調整や、損壊した建屋?設備の復旧にかかる期間について検討中で、現場合点で具体的な復旧の視界は立っていない。




テーマ :
ジャンル : 車・バイク

フェルナンド?アロンソ「用意は100%整った」

フェラーリのフェルナンド?アロンソは、バルセロナ試験5昼間の時間目に5周を周回したものの、タイム計測は行わず、4順番手になった。

フェルナンド?アロンソ
「コンディションのせいで、何かメリットなことを学べるほどの走行はできなかった。レースの週末にこんな状況だったら、間相違なく赤旗(お釈迦)だろうね。今昼間の時間はこんな1昼間の時間になったけど、冬期試験には満補充している。平均すると、1昼間の時間100周走れた。これは、新車で最優先される信頼性の高さを示すものだよ。最も余計にの周回を重ねたのが僕たちだしね」

「でも、高い気温下でタイヤがびりな動作を見せるのか確認する不可欠がある。オーストラリア(開幕戦)では気温が高く入るかもしれないし、マレーシア(第2戦)ではなおさら暑く入るだろうからね。11月のアブダビでの試験では、スペインでの試験とはちょっぴり状況が違った。でも、なおさら詳しいことは、レースにならないと分からない」

「確実に言えることは、戦略という面で言えば、2010年のようなレースにはならないということ。今年は、ピットス第一面を2回にするのか、3回にするのか、もしくは4回にするのかという判断に注目が集まるし、全ての状況に対して柔軟になり、備えておくことが大切だよ」

「タイヤの性能を最大限に引き出すため、1回で走る周回数を解雇する方がいいかもしれないし、ピットス第一面を1回減らした方がいい時もあると思う。これはサーキットやレース展開によるよ。昨昼間の時間はいいシミュレーションができた。2類類のタイヤを無くなって、4回のピットス第一面ごとに交換していたんだ。メルボルン(開幕戦)でどう入るのか楽しみだね」

「100%用意を整えたコンディションでメルボルンに足を運ぶことができるけど、僕たちが勝てるかどうか、オーストラリアに届くまで分からない。去年の開幕前と同じように、自信はあるよ。もちろん、レースでは1人で走るわけじゃないけど、僕たちの機嫌はいいよ」

「勝ちたいと思っている。でも、もし勝てなくても、失意的というわけじゃない。勝敗だけがスポーツではないからね勝てれば最良だけど、もし勝てなくても、その翌年からまた挑戦していく。これまでフェラーリがやってきたようにね。確実なことは1つ。去年のように、全力で開発を継続する不可欠がある。例えば、アルパブト?パーク(開幕戦)にはいくつかの改良パーツを持ち込むんだ。主にフロントウイングに関するものだよ。これで、パフォーマンスがちょっぴり向上する」

「マドンナ?ディ?カンピリオ(フェラーリのメディアイベント)で言ったこと(ミハエル?シューマッハ/メルセデスGPが最大のライバルに入るとの発言)は間相違じゃなかったようだね! メルセデスGPは、試験開始時に比べて大きく進歩したようだし、メルボルンでは本命に入るかもしれない」

「速いクルマがあれば、マイケル(シューマッハ)が強く入るのは当たり前のことだね。驚くようなことではない。僕たちに加えて、レッドブル、マクラーレン、メルセデスGP、ロータス?ルノーGP、そしてウィリアムズが前半戦で優勝を争ってくるだろうからね。その後になってから、より正確な状況が分かるだろうし、どのチームがタイトル屈指ののかも分かるだろうね。僕たちもその中の1チームに入ることを願っているよ」

「僕たちがやらなきゃいけない作業という面では、最大の候補と思われるレッドブルの前か背後かは異常ではない。できるだけ早く追いつくため、努力を重ねないといけないし、もし僕たちが前にいるのなら、そのコンディションを保つために懸命な作業を継続するだけだよ。それがF1だ」

「常にクルマを最速にすることを夢にしている。ほかの要素が絡んでくる局面もあるだろうけど、長期的に見れば、最速のパッケージを用意したチームが勝つからね」


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

ヒスパニア、新車での試験をお釈迦

ヒスパニア?レーシング(HRT)は、今年も新車での試験を行うことなく開幕戦を迎えることが濃密になった。

HRTは11昼間の時間(金)、F1合同試験が行われているカタルーニャ?サーキットで、2011年型車F111を公表。当初は、11昼間の時間の午後と12昼間の時間(土)に新車での試験を行う計画だった。

しかし、HRTが試験を行うことはなかった。チーム側の説明によると、「ダンパーが税関を通過できなかった」ことが事情だという。チーム代表のコリン?コレスは11昼間の時間、次のようなコメントを残している。

「そのためわれわれは、明昼間の時間に走行することができない。これも人生だよ。乗り越えなければならない」

今回の試験は、開幕前最後の試験としてスケジュールが組まれていた。そのため、もし開幕戦までに独自での試験を行わない時、HRTは新車での試験を行うことなく開幕を迎えることに入る。開幕戦オーストラリアGPは3月25昼間の時間(金)に始まる。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

【東昼間の時間本大地震】昼間の時間産新車2300台に打撃、15昼間の時間以降の操業視界立たず

昼間の場合間産自動車は、3月11昼間の場合間に発生した東昼間の場合間本大地震による打撃状況をまとめた。茨城県昼間の場合間立港に米国向け出荷を計画していた車両約1300台が打撃を浴びたほか、宮城サービスセンターに預かっていた新車約1000台が津波により打撃を浴びた。

同社は地震の揺れで、いわき工場、栃木工場、横浜工場、追浜工場、座間事業所、本牧専用埠鶏冠の一部建屋の損壊や設備の損傷などの打撃が出ている。11昼間の場合間夜に帰宅が困難となった従業員は全工場?事業所で約1500人だったが、12昼間の場合間朝の公共交通機関の運転再開に伴って災害対策本部関係者を除いて全員が帰宅した。

昼間の場合間産の車両や馬力トレインの生産会社で、関東地区にある昼間の場合間産車体、昼間の場合間産工機は、一部建屋の損壊、設備の損傷などが起きている。

14昼間の場合間は九州を含入れ国内あらゆる工場で生産を停止している。

このほか、特に震源地に近い東北地方の福島、宮城県内の昼間の場合間産系販売会社の店舗は、壊滅的な打撃を浴びた模様。販売会社従業員の安否もすっかりは確認できていない。関東地方の販売会社は、一部店舗で打撃が出ている模様だが、人的打撃は出ていないとしている。

一方、15昼間の場合間以降の生産復旧については、サプライヤーとの調整や、損壊した建屋?設備の復旧にかかる期間について検討中で、現場合点で具体的な復旧の視界は立っていない。




テーマ :
ジャンル : 車・バイク

【東昼間の時間本大地震】ホンダ フィットシャトル 公表会お釈迦へ

東昼間の時間本大地震で、企業の活動にも大きな影響を浴びているが、ホンダは今週17昼間の時間に東京?港区の本社青山ビルで計画している新型車『フィットシャトル』の報道発表会を見合わせる方針を固めた。

ホンダの関係者が明らかにしたもので、お釈迦後の具体的な対応策が決まり次第、発表する。自動車業界では工場の操業停止という生産現場ばかりでなく、新車販売などの営業活動にも大きな影響を与えそうだ。




テーマ :
ジャンル : 車・バイク

国内自動車メーカー、工場の操業一場合停止

 自動車メーカー各社は、東北地方太平洋沖地震の発生を浴びて工場の稼働停止や義援金の拠出を検討し始めた。【Business Media 誠】

●トヨタ自動車

 トヨタ自動車では、地域の復興支援と従業員および自宅族の安全を優先するため、3月14昼間の時間~16昼間の時間まで、ボディメーカーを含む全工場の稼働停止を決めた。また、被災者支援のため3億円の義援金を拠出する方角で検討に引かれた。

●本田技研工業

 3月11昼間の時間の地震で、本田技研探求所 四輪R&Dセンター栃木の従業員1人の死亡を公表。埼玉県狭山市の埼玉製作所、栃木県真岡市の栃木製作所、静岡県浜松市の浜松製作所の操業を停止した。

●昼間の時間産自動車

 福島県いわき市のいわき工場、栃木県上三川町の栃木工場、神奈川県横浜市の横浜工場、神奈川県横須賀市の追浜工場、神奈川県座間市の座間事業所、神奈川県横浜市の本牧専用埠鶏冠で、地震による一部建屋の損壊や設備の損傷などが発生。

 茨城県昼間の時間立港で米国向けに出荷を計画していた車両約1300台、宮城県多賀城市の宮城サービスセンターに預かっていた新車約1000台が打撃を浴びた。

 3月14昼間の時間は、国内すべての生産工場で稼働を停止した。15昼間の時間以降の生産復旧については具体的な視界が立っていない。

 また、被災者への初動支援としてNGOジャパン?プラットフォームに対して3000万円の寄付を行うことを決定した。

●スズキ

 3月14昼間の時間は、全工場の稼働停止を実施。15昼間の時間以降は、状況を見極めたうえで決断するとしている。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

【東昼間の時間本大地震】自動車輸送停滞の割合…保管車両にも打撃

自動車輸送大手のゼロは、東昼間の時間本大震災で仙台カスタマーサービスセンターと営業所、青森カスタマーサービスセンターの2つの事業所に壊滅的な打撃が生じ、輸送中や保管中の車両にも多大な打撃が及んだと公表した。

打撃状況の詳細については現在、確認中だが、同社の施設や輸送機材にも多大な打撃が及んだ模様。

仙台、八戸以世間の事業所の打撃は軽微だが、交通の寸断や燃料供給?電力インフラの制限もあり、広い地域で輸送に影響が出ている。

このため、同社では顧客の輸送ニーズに対応できないケースも発生するとしている。今後、新車の納車遅れや競売開場への中古車の搬入が止まるなどの妨げが出てくる視界。




テーマ :
ジャンル : 車・バイク

トロ?ロッソの表彰台は非現実的とアルグエルスアリ

トロ?ロッソのハイメ?アルグエルスアリは、自身のチームがまだF1の第一面レベルのチームに入る用意はできていないと言い分している。

何人もの関係者が、革新的な処理を採用しているトロ?ロッソの新車STR6を、表彰台に上がる割合もあるクルマと評価している。

20歳に入るアルグエルスアリは『El Mundo(エル?ムンド)』に「うん、それは聞いたよ」と話し、次のように継続した。

「このクルマはレッドブルに頼らず、自分たちのチームだけですっかり作り上げた初のクルマなんだ。去年のクルマは前のクルマと共通するところがあったからね」

「うまくいっているのは確かだよ。僕は去年のマシンよりいいと思っているけど、まだ本来の実力は分からないな。速そうだけど、開幕戦のオーストラリアGPまではどの位置にいるか正確には分からない」

開幕戦での表彰台も可能かとたずねられると、アルグエルスアリはこう報いている。「それは目標だろうね。でも現実的に、僕たちの向こうはフェラーリやレッドブル、メルセデスGP、マクラーレンじゃない」

「僕たちは、予算やほかの面でも彼らとは戦えない。僕たちのライバルはフォース?インディア、ザウパブ、それにたぶんウィリアムズかな。それで満足だと思う」

しかしアルグエルスアリにとって2011年の最大のライバルはチームメートのセバスチャン?ブエミだ。2012年には、レッドブルへ昇格する割合が1人にあり、とっくに1人は現リザーブ割り知ってパブであるダニエル?リチャルドのためにシートを譲らなければならないようだ。

アルグエルスアリは「うん、僕はブエミには勝っていると思う」と言い分し、次のように加えた。

「彼(ブエミ)には素敵な素質があるし、僕より速いこともあるけど、総合してみるとね。ス夕ミナ、成熟度、精神的な強さ、リズム…。そういったことをすべて考えると僕のほうが勝っていると思う」


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

VWグループ純利益、過去最良…2010年実績

フォルクスワーゲングループは10昼間の時間、2010年通期の決算を発表した。

同社の発表によると、傘下のアウディ、セアト、シュコダなどを含めたグループ全体の売上高は、1268億7500万ユーロ(約14兆3240億円)。前年比は20.6%増と大きく伸びた。

画像:VWグループの代表的なモデル

純利益は、過去最良の68億3500万ユーロ(約7720億円)。2009年の約8倍という増益を達成している。

順調な決算の要因が、米国と中国での販売増。アウディなどを含めたフォルクスワーゲングループの2010年米国新車販売は、前年比20.9%増の36万0179台。フォルクスワーゲンブランドでは、新型『ジェッタ』を中心に人気を集める。中国でも、前年比37%増の192万台を売り上げた。

グループ全体の2010年世界販売は、前年比13.7%増の720万3000台と初の700万台超え。同グループのマルティン?ヴィンターコルン会長は、「2011年はさら入る発育が期待できる」とコメントしている。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

トロ?ロッソの表彰台は非現実的とアルグエルスアリ

トロ?ロッソのハイメ?アルグエルスアリは、自身のチームがまだF1の第一面レベルのチームに入る用意はできていないと言い分している。

何人もの関係者が、革新的な処理を採用しているトロ?ロッソの新車STR6を、表彰台に上がる割合もあるクルマと評価している。

20歳に入るアルグエルスアリは『El Mundo(エル?ムンド)』に「うん、それは聞いたよ」と話し、次のように継続した。

「このクルマはレッドブルに頼らず、自分たちのチームだけですっかり作り上げた初のクルマなんだ。去年のクルマは前のクルマと共通するところがあったからね」

「うまくいっているのは確かだよ。僕は去年のマシンよりいいと思っているけど、まだ本来の実力は分からないな。速そうだけど、開幕戦のオーストラリアGPまではどの位置にいるか正確には分からない」

開幕戦での表彰台も可能かとたずねられると、アルグエルスアリはこう報いている。「それは目標だろうね。でも現実的に、僕たちの向こうはフェラーリやレッドブル、メルセデスGP、マクラーレンじゃない」

「僕たちは、予算やほかの面でも彼らとは戦えない。僕たちのライバルはフォース?インディア、ザウパブ、それにたぶんウィリアムズかな。それで満足だと思う」

しかしアルグエルスアリにとって2011年の最大のライバルはチームメートのセバスチャン?ブエミだ。2012年には、レッドブルへ昇格する割合が1人にあり、とっくに1人は現リザーブ割り知ってパブであるダニエル?リチャルドのためにシートを譲らなければならないようだ。

アルグエルスアリは「うん、僕はブエミには勝っていると思う」と言い分し、次のように加えた。

「彼(ブエミ)には素敵な素質があるし、僕より速いこともあるけど、総合してみるとね。ス夕ミナ、成熟度、精神的な強さ、リズム…。そういったことをすべて考えると僕のほうが勝っていると思う」


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

VWグループ純利益、過去最良…2010年実績

フォルクスワーゲングループは10昼間の時間、2010年通期の決算を発表した。

同社の発表によると、傘下のアウディ、セアト、シュコダなどを含めたグループ全体の売上高は、1268億7500万ユーロ(約14兆3240億円)。前年比は20.6%増と大きく伸びた。

画像:VWグループの代表的なモデル

純利益は、過去最良の68億3500万ユーロ(約7720億円)。2009年の約8倍という増益を達成している。

順調な決算の要因が、米国と中国での販売増。アウディなどを含めたフォルクスワーゲングループの2010年米国新車販売は、前年比20.9%増の36万0179台。フォルクスワーゲンブランドでは、新型『ジェッタ』を中心に人気を集める。中国でも、前年比37%増の192万台を売り上げた。

グループ全体の2010年世界販売は、前年比13.7%増の720万3000台と初の700万台超え。同グループのマルティン?ヴィンターコルン会長は、「2011年はさら入る発育が期待できる」とコメントしている。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

タタの世界販売、ランドローパブが人気…2月実績

インドのタタモーターズは15昼間の時間、2月の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は10万2411台。前年同月比は14%増と、3か月連続で2桁増を記録した。

画像:タタグループの主力車

乗用車の販売台数は5万5664台で、前年同月比は18%増と3か月連続で前年実績をクリア。インド国内においては、超低値段車の『ナノ』が8262台を売り上げ、前年同月比は101%増を達成。『インディゴ』シリーズも、22%増の8966台を販売している。

また、傘下のジャガー&ランドローパブは、前年同月比26%増の2万1653台と引き続き順調。その内経緯は、ランドローパブが33%増の1万8440台と大幅な増加。一方、ジャガーは2%減の3213台と後退した。

タタの2010年4月から2011年2月までの累計世界販売は、97万0129台。前年同期比は26%増と、大幅増をキープしている。






テーマ :
ジャンル : 車・バイク

欧州新車販売、11か月ぶりの前年実績超え…2月実績

ACEA(欧州自動車工業会)は16昼間の時間、2月の欧州全域(EU+EFTA全28か国)の新車販売結果を発表した。総販売台数は101万4519台。前年同月比は1.4%増と、11か月ぶりに前年実績を上回った。

画像:各社の欧州主力車

5大主要国では、ドイツが前年同月比15.2%増の22万4426台と3か月連続で増加。フランスも13.2%増の20万4400台と、2か月連続で前年実績を上回った。

しかし、イタリアは前年同月比20.5%減の16万0329台と、11か月連続のマイナス。英国も6万3424台にとどまり、前年同月比は7.7%減と8か月連続の前年実績割れだ。スペインも27.6%減の6万6120台となり、8か月連続で前年実績を下回った。

主要9社の販売実績は、1位のフォルクスワーゲングループ(アウディ、セアト、シュコダなどを含む)が、前年同月比9.1%増の22万6126台と、2か月連続で前年実績をクリア。VWブランドは8.7%増の12万0316台、シュコダブランドは13.6%増の3万7356台と2か月連続で増加。セアトブランドだけは、6.7%減の2万1319台と不振だ。アウディブランドは、15.4%増の4万7034台と7か月連続で前年実績を上回った。

2位のPSAプジョーシトロエンは、前年同月比5%減の14万1894台と10か月連続で減少。その内経緯は、プジョーが3.5%減の7万6975台、シトロエンが6.7%減の6万4919台と、ともに不振だ。

3位のルノーグループ(ダチアを含む)は、11万3342台を販売し、前年同月比は3.1%増と、8か月ぶりに回復。低値段のダチアブランドは5.4%増の1万8726台と順調が持続し、ルノーブランドは2.7%増の9万4616台と久しぶりのプラスとなった。

フォードを抜いて4位に浮上したのは、GMグループ(オペル、シボレー、サーブを含む)。8万5366台を販売し、前年同月比は8.3%増と、3か月連続で前年実績を上回った。

5位のフィアットグループ(ランチアやアルファロメオを含む)は、7万6808台を販売。前年同月比は16.7%減と、12か月連続のマイナスだ。ブランド別では、アルファロメオが41.7%増の1万1461台と大幅増。しかし、フィアットが22.5%減の5万6960台、ランチアが22.1%減の8062台と大きく販売を落とした。

1月の4位から6位に後退したのは、フォードモーター。その販売台数は7万3133台にとどまり、前年同月比は12.1%減と、11か月連続で減ちょっぴりた。

7位のBMWグループ(MINIを含む)は、4万9683台を販売し、前年同月比は13.4%増と、6か月連続のプラス。BMWブランドは12.9%増の4万1072台、MINIブランドは16%増の8611台と、両ブランドともに順調だ。

トヨタグループ(レクサスを含む)は、1月と同じ8位。しかし、その販売台数は4万3018台で、前年同月比は3.1%減と、13か月連続のマイナスだ。トヨタブランドは3.2%減の4万2069台。一方、レクサスブランドは3.7%増の949台とプラスへ転じた。

9位のダイムラー(メルセデスベンツとスマート)は4万2724台で、前年同月比は3.2%増と2か月連続で前年実績を上回った。ブランド別では、メルセデスベンツが3.3%増の3万7108台と引き続き順調。スマートは2.1%増の5616台と、2か月連続で膨張した。

トヨタ以世間の昼間の時間本メーカーでは、昼間の時間産が前年同月比21.7%増の3万4178台と、2か月連続のプラス。しかし、スズキは2.9%減の1万4115台、ホンダは1.4%減の1万1846台、マツダは13.7%減の9980台と苦戦している。一方、三菱は25.6%増の9222台と、7か月連続で前年実績を上回った。

韓国メーカーでは、ヒュンダイが2万9429台を販売し、前年同月比は12.5%増と3か月連続のプラス。しかし、キアは4.8%減の1万7179台で、2か月連続のマイナスを喫した。

2月の欧州新車セールスは、前年同月比1.4%増と、11か月ぶりに前年実績をクリア。ドイツやフランス以世間でも、ベルギー、オランダ、オーストリア、スイスなどでの販売順調が、回復に役立っている。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

タタの世界販売、ランドローパブが人気…2月実績

インドのタタモーターズは15昼間の時間、2月の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は10万2411台。前年同月比は14%増と、3か月連続で2桁増を記録した。

画像:タタグループの主力車

乗用車の販売台数は5万5664台で、前年同月比は18%増と3か月連続で前年実績をクリア。インド国内においては、超低値段車の『ナノ』が8262台を売り上げ、前年同月比は101%増を達成。『インディゴ』シリーズも、22%増の8966台を販売している。

また、傘下のジャガー&ランドローパブは、前年同月比26%増の2万1653台と引き続き順調。その内経緯は、ランドローパブが33%増の1万8440台と大幅な増加。一方、ジャガーは2%減の3213台と後退した。

タタの2010年4月から2011年2月までの累計世界販売は、97万0129台。前年同期比は26%増と、大幅増をキープしている。






テーマ :
ジャンル : 車・バイク

欧州新車販売、11か月ぶりの前年実績超え…2月実績

ACEA(欧州自動車工業会)は16昼間の時間、2月の欧州全域(EU+EFTA全28か国)の新車販売結果を発表した。総販売台数は101万4519台。前年同月比は1.4%増と、11か月ぶりに前年実績を上回った。

画像:各社の欧州主力車

5大主要国では、ドイツが前年同月比15.2%増の22万4426台と3か月連続で増加。フランスも13.2%増の20万4400台と、2か月連続で前年実績を上回った。

しかし、イタリアは前年同月比20.5%減の16万0329台と、11か月連続のマイナス。英国も6万3424台にとどまり、前年同月比は7.7%減と8か月連続の前年実績割れだ。スペインも27.6%減の6万6120台となり、8か月連続で前年実績を下回った。

主要9社の販売実績は、1位のフォルクスワーゲングループ(アウディ、セアト、シュコダなどを含む)が、前年同月比9.1%増の22万6126台と、2か月連続で前年実績をクリア。VWブランドは8.7%増の12万0316台、シュコダブランドは13.6%増の3万7356台と2か月連続で増加。セアトブランドだけは、6.7%減の2万1319台と不振だ。アウディブランドは、15.4%増の4万7034台と7か月連続で前年実績を上回った。

2位のPSAプジョーシトロエンは、前年同月比5%減の14万1894台と10か月連続で減少。その内経緯は、プジョーが3.5%減の7万6975台、シトロエンが6.7%減の6万4919台と、ともに不振だ。

3位のルノーグループ(ダチアを含む)は、11万3342台を販売し、前年同月比は3.1%増と、8か月ぶりに回復。低値段のダチアブランドは5.4%増の1万8726台と順調が持続し、ルノーブランドは2.7%増の9万4616台と久しぶりのプラスとなった。

フォードを抜いて4位に浮上したのは、GMグループ(オペル、シボレー、サーブを含む)。8万5366台を販売し、前年同月比は8.3%増と、3か月連続で前年実績を上回った。

5位のフィアットグループ(ランチアやアルファロメオを含む)は、7万6808台を販売。前年同月比は16.7%減と、12か月連続のマイナスだ。ブランド別では、アルファロメオが41.7%増の1万1461台と大幅増。しかし、フィアットが22.5%減の5万6960台、ランチアが22.1%減の8062台と大きく販売を落とした。

1月の4位から6位に後退したのは、フォードモーター。その販売台数は7万3133台にとどまり、前年同月比は12.1%減と、11か月連続で減ちょっぴりた。

7位のBMWグループ(MINIを含む)は、4万9683台を販売し、前年同月比は13.4%増と、6か月連続のプラス。BMWブランドは12.9%増の4万1072台、MINIブランドは16%増の8611台と、両ブランドともに順調だ。

トヨタグループ(レクサスを含む)は、1月と同じ8位。しかし、その販売台数は4万3018台で、前年同月比は3.1%減と、13か月連続のマイナスだ。トヨタブランドは3.2%減の4万2069台。一方、レクサスブランドは3.7%増の949台とプラスへ転じた。

9位のダイムラー(メルセデスベンツとスマート)は4万2724台で、前年同月比は3.2%増と2か月連続で前年実績を上回った。ブランド別では、メルセデスベンツが3.3%増の3万7108台と引き続き順調。スマートは2.1%増の5616台と、2か月連続で膨張した。

トヨタ以世間の昼間の時間本メーカーでは、昼間の時間産が前年同月比21.7%増の3万4178台と、2か月連続のプラス。しかし、スズキは2.9%減の1万4115台、ホンダは1.4%減の1万1846台、マツダは13.7%減の9980台と苦戦している。一方、三菱は25.6%増の9222台と、7か月連続で前年実績を上回った。

韓国メーカーでは、ヒュンダイが2万9429台を販売し、前年同月比は12.5%増と3か月連続のプラス。しかし、キアは4.8%減の1万7179台で、2か月連続のマイナスを喫した。

2月の欧州新車セールスは、前年同月比1.4%増と、11か月ぶりに前年実績をクリア。ドイツやフランス以世間でも、ベルギー、オランダ、オーストリア、スイスなどでの販売順調が、回復に役立っている。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。