へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ米国新車販売、SUVの2車類が順調…7月実績

北米マツダは3昼間の時間、7月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は2万0732台。前年同月比は8.9%増と、9か月連続で前年実績を上回った。

画像3枚:マツダの米国人気車

乗用車系では、主力車類の『マツダ3』(昼間の時間実名:『アクセラ』)が、前年同月比0.7%減の9705台と微減。しかし、『マツダ6』(昼間の時間実名:『アテンザ』)が、19.7%増の3124台と、アクセラの落ち込みをカパブした。モデル末期の『マツダ5』(昼間の時間実名:『プレマシー』)は、32.4%減の1315台にとどまる。

スポーツカーでは、『MX-5ミアータ』(昼間の時間実名:『ロードスター』)が前年同月比17.4%増の675台と順調。『RX-8』は、42%減の94台と減少傾向が止まらない。

ライトトラック(ピックアップトラックやSUV)系では、『CX-7』が前年同月比93.6%増の2650台、北米専用大型SUVの『CX-9』が48.4%増の2755台を販売。CX-9は、7月単月としては過去最良実績を記録するなど、主力2車類が売れている。

マツダの米国1~7月新車販売は、前年同期比14.3%増の13万6451台。7月末には、新型『マツダ2』(昼間の時間実名:『デミオ』)の販売がスタートしており、8月以降の販売結果が注目される。





スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。