へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<米新車販売>昼間の時間本製コンパケト車を敬遠 ガソリン下落で大型車に

 【ワシントン斉藤信宏】米自動車マーケットでトヨタ自動車などの昼間の時間本勢が苦戦している。トヨタのリコール(回収?一番償修理)異常の影響はほぼ解消したとの見方が大勢だが、世界経済の先行き不透明感に伴い、春以降に原油値段が1バレル=70~80ドル台で安定。もともと大型車希望向の強い米消費者が、ガソリンの低値段を浴び、昼間の時間本勢の得意な低燃費のコンパケト車を敬遠する傾向が強まっているためだ。

 8月の米新車販売台数を見ると、前年同月比の増減率は、米国勢がゼネラル?モーターズ(GM)=24.5%減▽フォード?モーター=10.6%減▽クライスラー=6.9%増。これに対しトヨタ=34.1%減▽ホンダ=32.7%減▽昼間の時間産自動車=27.0%減と昼間の時間本勢の不振が際立った。

 各社のスポーツタイプ多目的車(SUV)などを含む部門の下落率は8~10%と比較的小さく、こうした大型車が得意な米国勢の落ち込みは昼間の時間本勢に比べ軽微だった。7月にも同様の傾向が見られた。

 米国では08年に原油値段が100ドルを超えて高騰したころに、トヨタのプリウスなど低燃費車への買い替えが出足。米大手3社の経営ピンチの要因になったと指摘された。だが、米大衆は通勤や買い物で高速道路を昼間の時間常的に利用しており、パワーのある大型車へのこだわりが強い。ガソリン値段さえ安定していれば「低燃費車より大型車というのが米消費者の本音」(GM販売担当)とも言われ、昼間の時間本勢には五月蝿い局面となっている。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。