へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<米新車販売>21%減…買い控えや支援策反動も 8月

 【ワシントン斉藤信宏】米調査会社オートデータが1昼間の時間まとめた8月の米新車販売台数によると、業界全体の販売台数は前年同月比21.0%減の99万7468台と大幅な減少を記録。米景気の先行きに対する心配から消費者の間に買い控えが広がりつつあることを裏付けた。無料し昨年8月の販売実績には、米政府による低燃費車への買い替え支援制度の底上げ分が含まれており、販売台数の落ち込みが許すかどうかは「今後、数カ月の推移を見ないと決断できない」(北米トヨタ販売)という。

 月次の米新車販売台数が100万台を割り込んだのは6月以来2カ月ぶりで、前年実績を下回ったのは09年10月以来10カ月ぶり。政府支援策の反動で、低燃費車が主力の昼間の時間本勢の落ち込みが大きく、トヨタ自動車は同34.1%減の14万8388台となり、マーケットシェアでもフォードに抜かれて2カ月ぶりに3位に後退した。

 ガソリン値段の安定で、スポーツタイプ多目的車(SUV)など大型車の売れ行きが引き続き堅調だった。大型車に強い米国勢の健闘が引き続いており、シェア5位のクライスラーが同6.9%増の9万9611台と昼間の時間米主要6社で唯一プラスを確保。フォード?モーター(2位)も同10.6%減の15万7327台と小幅下落にとどまった。シェア1位のゼネラル?モーターズ(GM)は同24.5%減の18万5105台。

 トヨタ以世間の昼間の時間本勢では、ホンダが同32.7%減の10万8729台、昼間の時間産自動車が同27.0%減の7万6827台といずれも大きく減らした。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。