へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月米新車販売、21%減 前年支援の反動、トヨタ3割超減

 【ワシントン=渡辺浩生】米調査会社オートデータが1昼間の時間公表した8月の米新車販売台数は前年同月比で21?0%の大幅減と入る99万7468台で、昨年10月以来、10カ月ぶりに前年の実績を下回った。100万台を割り込むのは2カ月ぶり。

 昨年8月は政府の低燃費車購入支援策で販売が急伸しており、反動が響いた。制度の恩恵を浴びたトヨタ自動車など昼間の時間本勢は軒普通み30%超の大幅減。トヨタはマーケットシェアで再び3位に転落した。

 ゼネラル?モーターズ(GM)が24?5%減。フォード?モーターは10?6%減。コンパケト車の新車投入に出遅れて促進策の追い風を浴びなかったクライスラーは6?9%増と昼間の時間米メーカーで唯一、販売を伸ばした。

 トヨタは34?1%の大幅減。カローラ、カムリ、プリウスなど促進策の恩恵を浴びた主力モデルが大幅に落ち込んだ。ホンダは32?7%減、昼間の時間産自動車も27?0%減と思わしかなかった。

 各社は依然として「需要は回復基調にある」(GM)と見込むが、全体の台数は前月比でも4?9%減。失業率の高止まりや家マーケットの冷え込みをバックに景気は減速を継続しており、新車販売の行方にも不透明感が漂ってきた。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。