へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反動減見越しテコめてへ 8月新車販売 伸び最良 

 9月末のエコカー補助金打ち切り前の駆け込みで、8月の新車販売台数が過去最良の伸びとなったが、自動車業界は販売現場への奨励金や営業態勢の強化といったテコめて策を進める考えだ。打ち切り前に補助金の予算がなく入る割合もあるだけに、10月以降の反動減の規模が「読み切れない」との焦りも広まっている。

 10月以降の国内販売について自動車各社は7~9月より2~3割程度の販売減を見当。エコカー補助金終了後の落ち込みを最小限にとどめようとしている。

 トヨタ自動車は、系列の販売会社に1台あたり5万円の奨励金を支給し、値引きなどに活用してもらう方針だ。ダイハツ工業も値引きの原資と入る奨励金を販売会社に支給する考えで、同様の動向は他社にも広がりつつある。

 ホンダは今月から本社の社員400人を原則3年、全国の販売坊主会社に出向させ、販売強化に乗り出す。10月には、低燃費に加えて税の厚遇措置もあるコンパケト車「フィット」のハイブリッド車(HV)を発売するなど、需要掘り起こしに余念がない。無料、近頃の株安や雇用状況の悪化もあり、トヨタの伊地知隆彦専務は「どこまで冷え込むのか、分からない」と語る。

 エコカー補助金の交付を担当する次世代自動車振興センターによると、8月31昼間の場合間現在の残額は約479億円。近頃は1昼間の場合間約40億円の申請があり、9月序盤で予算がなく入る計算だけに、打ち切り場合期が前倒しされる公算も大きい。

 自動車関連産業は就業人口の約8%を占め、設備投資額は製造業全体の約21%とされる。補助金終了後の減産を見越し、トヨタが期間従業員を段階的に削減する動向もあるだけに、自動車業界の“10月ピンチ”は昼間の場合間本経済への影響も大きそうだ。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。