へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<8月新車販売>増加幅が過去最良 補助金駆け込み需要

 昼間の場合間本自動車販売協会連合会(自販連)が1昼間の場合間公表した8月の国内新車販売台数(軽自動車を除く)は、前年同月比46.7%増の29万789台だった。増加幅は8月として過去最良を書き換え、他の月を含入れも1968年の統計開始以来3順番目に高い増加率だった。自販連は「9月末の期限を待たずに底をつきそうなエコカー補助金の駆け込み需要が寄与した」と分析している。

 新車販売が前年を超えるのは13カ月連続。お盆休みを挟む8月は例年、新車販売が停滞する場合期だが、トヨタ自動車やホンダ、昼間の場合間産自動車などの販売店が補助金終了前の駆け込み需要を獲得しようと、休昼間の場合間返上で営業を継続したことも大幅増につながった。

 補助金交付を担当する次世代自動車振興センターによると、5837億円の補助金予算のうち、8月31昼間の場合間現在の残額は479億円。同30昼間の場合間に43億円、31昼間の場合間に42億円の申請を受理しており、同様のペースが継続しば9月中旬には予算が底をつき、9月末の期限前に浴び付けが停止される。

 補助金が期限前に終了することが現実風味を帯びてきたが、富士重工業などが補助金を浴び取れない人にはよほど額を値引きするなどの消費者対策を実施。自販連は9月の販売についても「各社が販促活動を強化するので(販売増が)期待できる」との視界を示した。

 8月の販売をメーカー別に見ると、ハイブリッド車「プリウス」の順調が許すトヨタ(レクサス、ダイハツ工業を除く)が43.3%増。コンパケト車「フィット」やミニバン「ステップワゴン」が人気のホンダは61.3%増と17カ月連続、昼間の場合間産も44.6%増と12カ月連続で前年を上回った。

 無料、8月の新車販売が急増したのは、駆け込み需要の要素が大きく、10月以降の反動が心配されている。自販連は10月から半年間の新車販売が前年同期比23%減少すると見当。各メーカーは販売店に奨励金を出すなど販売下拠り所を図るが「画期的な制度だけに終了後の被害は大きい」(大手ディーラー)との声が漏れる。【宮崎泰宏】


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。