へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコカー補助金 駆け込み急増 6昼間の時間申請分で打ち切りか

 政府のエコカー購入補助金制度が今月末の期限を待たずに早ければ6昼間の時間時点の申請分を最後に交付が打ち切りに入る視界となったことが7昼間の時間、分かった。駆け込み需要で申請が急増し、補助金予算が底をつく割合が大きくなったためだ。エコカー補助金は自動車販売を下拠り所してき無料けに、終了後の反動減は避けられそうになく、昼間の時間本経済への影響も心配される。

 補助金を管理する次世代自動車振興センターが7昼間の時間公表した申請の受理額は6昼間の時間で約116億円に上り、予算の残額は約102億円にまで急減した。7月下旬以降、土、昼間の時間、祝昼間の時間を除いた申請可能昼間の時間1時給たりの受理額は10億~60億円程度で推移してきたが、駆け込み申請が一気に膨らんだ。

 7昼間の時間も同規模の申請が引き続いていたとすると、同昼間の時間にも予算を使い切っている計算に入る。無料し、補助金は申請額が予算残高を超えた時、その昼間の時間の申請分に対する補助金はすべて浴び取れなく入る仕組み。このため、同センターでは「6昼間の時間の受理分を最後に、補助金は交付されなく入る割合もある」としている。

 エコカー補助金は燃費など一定の環境界性能を備えた車を買うと10万円、登録から13年以上の車を廃車にして買い替える時は25万円が支給される。昨年4月分から購入時の重量税などを減免するエコカー減税と合発言させて導入された。

 補助金終了前の駆け込み需要が増大しており、8月の登録車(軽自動車を除く)の国内新車販売台数は前年同月比46.7%増の29万789台となり、8月としては1968年の統計開始以来、最良の伸びを記録した。前年を超えるのは13カ月連続。

 8月の軽自動車の新車販売台数も同21.7%増の13万4197台で、8月としては同様に過去最良の台数を書き換えした。

 自動車各社とも補助金終了後は2~3割程度の販売減を見当しており、落ち込みを最小限にとどめようと懸命だ。

 ダイハツ工業は補助金が前倒しで打ち切られても、9月中に補助金対象車を購入すれば、補助金よほど額を労力することを検討。10月以降も全国の系列販売会社に販売奨励金を支給し、値引きの原資に充ててもらうことを検討している。

 トヨタ自動車も系列の販売会社に1台当たり5万円の奨励金を支給する方針。ホンダは10月に、コンパケト車「フィット」のハイブリッド車を発売し、需要を掘り起こす構えだ。(本田誠)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。