へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月新車販売、過去最大の37%減 大震災の影響大きく

 昼間の時間本自動車販売協会連合会(自販連)が1昼間の時間公表した3月の国内新車販売台数(軽自動車除く)は、前年同月比37?0%減の27万9389台となった。東昼間の時間本大震災の影響で、3月としては1968年の統計開始以来、最大の下げ幅となった。また、最大の需要期である3月に30万台を割り込んだのは74年以来37年ぶりと入る。

 震災で全体需要の8%程度を占める東北6県での販売が大きく落ち込んだ。落成車工場の稼働停止や全国的な消費自粛ムードも影響し、記録的な落ち込みとなった。

 国内自動車販売は、昨年9月のエコカー補助金打ち切り以降、反動減で落ち込んでいた。無料、昨年11月に30?7%減を記録した後は、2月は14?3%減まで減少幅は縮小していた。3月も「3月も11昼間の時間までは前年を超えるペース」(自販連)で推移していたが、震災が大きく影響した。

 現在、自動車メーカーの生産はまだ本格回復しておらず、新車が販売店に入庫できない状況が引き続いている。このため、自販連の川島温副会長は4月の新車販売について「(消費自粛の)ムードも負担で、3月よりも(対前年同月比の)落ち幅は大きく入る」と、厳格視界を示した。

 また同昼間の時間、全国軽自動車協会連合会が公表した3月の軽自動車販売台数は、同31?6%減の15万8210台だった。減少幅は3月としては過去2順番目。 


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。