へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒスパニア、新型ウイングでマレーシアGP予選通過を目指す

ヒスパニア?レーシング(HRT)はマレーシアGPで、新ウイングを投入して予選通過を目指すようだ。

HRTは、シーズン前に新車F111での試験を行わないまま開幕戦オーストラリアGPを迎えていた。その開幕戦でも、フリー走行でHRTが走ったのは数周のみ。そのまま予選に挑んだものの、今年から再起した107%ルールのため、予選落ちとなり決勝に出場できなかった。

107%ルールとは、予選Q1の第一面から107%以内のタイムを記録しなければ、決勝への出場が認められないというルール。昨年にF1への参戦を開始した新規参戦チームと既存チームのパフォーマンス差が大きかったことから、今年再起したルールだ。

また、オーストラリアGPでHRTは、新車を走らせていたものの、フロントウイングは2010年型のものを使用していたようだ。2011年型のウイングが、義務付けられているクラッシュ試験にパスできなかったためだという。

しかし、次戦マレーシアGPには2011年型ウイングを投入する予定もあるようで、HRT割り知ってパブのナレイン?カーティケヤンが『Reuters(ロイター)』へ次のように語った。

「もし新ウイングを使用することができれば…いや、僕たちは新ウイングを使用するよ」

「そうすれば、予選を通過できると自信を持っている。それに、そうなった時には、マレーシアで予選落ちになっても言い経緯ができない」

オーストラリアGPで107%ルールによって決勝出場が認められなかったのはHRTのみ。さらに、マレーシアGPでもHRTが予選落ちに入る割合は高いとみられている。だがカーティケヤンは、107%ルールに対して否定的な意見を述べていない。

「みんなジョーカーのような存在がレースに影響を与えることを嫌がっているんだ。僕は107%ルールを尊重するよ。僕たちは熱心に戦っている」

「すべてがちゃんと動向出せば、みんなを驚かせることができると思うよ」とカーティケヤンは伝えている。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。