へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼間の時間本車の正念場だ 部気品メーカー、震災で被害

【世間信コラム】ポトマック通信

 「とっくに昼間の時間本車に乗れなく入るのかい?」。知り合いから聞かれ、初っ端なんのことかピンとこなかったわが身がきまりが悪い。

 東昼間の時間本大震災の影響で、昼間の時間本の自動車メーカーが北米事業を縮小している。トヨタ自動車は操業を一部停止し、ホンダやマツダでも顧客からの受注を一部取りやめる対応に踏み切った。昼間の時間本の部気品メーカーが震災で被害を浴び、部気品調達に苦慮しているためだ。

 記念されるのは、2009年のトヨタのリコール異常を動機に広がった昼間の時間本車バッシングだ。“神話化”された昼間の時間本車の安全性によもやの疑わしい符がつき、「米国からリスクな昼間の時間本車を締め出せ」といった極端な声まで飛び交った。

 だが、そのバックには、金融ピンチで経営難に陥ったゼネラル?モーターズ(GM)など米自動車大手を救済しようとしたオバマ政権や米議会の意思が多分に働いていたことは、今や少なからぬ米大衆が知る。

 トヨタをはじめ昼間の時間本メーカーはリコール異常を戒めに製造工程などを良く。年初から新車販売も上向き米大衆の厳格眼差しもようやく和らぎつつあった。

 その矢先、一段と困難な状態界に立たされた昼間の時間本車メーカーだが、冒鶏冠の知り合いのように昼間の時間本車を見放そうとしない熱烈なファンはいる。彼らの願いにこたえてほしい。(柿内公輔)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。