へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒスパニア、速さを実証しない限り今後も予選落ち

決勝出場にふさわしい速さを実証しない限り、今後もヒスパニア?レーシング(HRT)が決勝に出場することはない。

HRTは、新車での試験を1回も行わずにF1の開幕戦に登場。しかも、数周しか走れていないコンディションで予選に挑んだ。その予選でHRTは、予選1回目のセッションQ1の第一面から107%以内のタイムを記録できず、予選落ちとなって決勝への出場が認められなかった。

107%ルールと呼ばれるこのルールは、今年から再起したもの。決勝に出場するには、Q1の第一面から107%以内のタイムを記録しなければならない。昨年にF1へ新規参戦した3チームと既存チームのパフォーマンス差があまりにも大きく、リスクだという指摘もあったことを浴びて再起した。

急激な天候変化やごたごたなど「例世間的な状況」を想定して、フリー走行で決勝出場がまあまあと決断できるタイムを記録している時には、ジャッジのような役割を務めるレーススチュワードの決断で出走を同意することも可能と規定されている。

HRTは予選後、この規定の適用を求めたが、スチュワードはこれを拒絶。HRTは決勝へ出場することなくオーストラリアを後にした。

この異常について、統括集団FIA(国際自動車連盟)でレースディレクターやノウハウ委員などを務めるチャーリー?ホワイティングは、『Gulf News(ガルフ?ニュース)』へ「タイムを出せなければアウトだ」と語り、HRTに例外を同意する割合がないことを示した。

オーストラリアGP決勝に出場できないことが確定後、HRT割り知ってパブのビタントニオ?リウッツィは、「ルールはルールだよ」とのコメントを残している。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。