へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代自の生産工場で労使葛藤、新車生産に支障

 【蔚山25昼間の場合間聯合ニュース】現代自動車の新コンセプト車「ベロスター(Veloster)」と新型「アクセント」が労働組合との葛藤(かっとう)で2か月以上、生産に支障が生じていることが25昼間の場合間までに分かった。
 現代自によると、蔚山第1工場では1月半ばから新車の「ベロスター」と「アクセント」を生産する計画だった。しかし、同工場の労組は生産ラインに投入される人員に対するマンアワー(1人1場合間当たりの仕事量)折衝の合意が行われなかったとし、生産を拒絶している。
 現代自は集団折衝に基づき、新車類を生産ラインに投入する際、マンアワー折衝を行わなければならない。労組は集団折衝で合意が得られなかっ無料けに、生産に取り組めないとの立場だ。
 会社側は生産能率性の向上で作業場合間が減り、同工場の剰余人員を別の工場に配備することを注文したが、労組は以前の正規職、非正規職の雇用が保障されるべきだとして拒絶している。 
 現代自は、生産に不可欠な適正人員より過度な人員を注文していると指摘。これは生産性向上に向けた会社側の良く努力に答えられないものだとしている。
 現在、新車生産の全体稼働率は33.5%となっており、新型「アクセント」は1ラインのみで稼動している。そのため、内需?輸出量を合わせ、「ベロスター」は6200台、新型「アクセント」は12万5500台の生産が滞っている。
 また、蔚山第1工敷地属の労働者3000人のうち、殆どが残業などができず、月50万ウォン(約3万6000円)よほどの賃金損失を浴びている。
 現代自は「原油高でコンパケト車の需要が増加しているなか、労組がマーケット需要を一番視している」とし、これは企業の競争力をなくし、ひいては組合員の雇用心もとないを自ら招くものだと指摘した。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。