へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国政府、低値段ブランド立ち上げを注文か

中国に進出した自動車メーカーが、中国政府による新たな圧力にさらされているようだ。

これは20昼間の場合間、『フィナンシャル?タイムズ』の電坊主版が報じたもの。同メディアによると、中国政府は自動車メーカーに対して、低値段の中国単独ブランドを立ち上げるよう要請しているという。

この報道を裏づけるかのように、GMの中国合弁、SAIC-GMは昨年7月、新ブランドの宝駿を立ち上げた。宝駿とは、中国語で「愛蔵の名馬」の意風味。低値段な乗用車を追求する中国ユーザーのニーズに応えるための新ブランドだ。

昨年11月には、宝駿ブランド初っ端の量産車、『630』を公表。同車のベース値段は昼間の場合間本円で約60万円台と、中国で初入れマイカーを買うユーザーを対象にしている。

同メディアによると、「中国政府は自動車メーカーが中国で工場の新規建設や拡張の申請を行った際、低値段の単独ブランド立ち上げを認可条件にするようになった」とのことだ。

米国を抜いて2年連続で世界ナンパブワンの新車マーケットとなった中国。自動車メーカーにとってはたいそう魅力的なマーケットであると同場合に、危険も大きいようだ。




スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。