へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国のグリーン化は過大評価

お知らせ:
インターネットを安全に使用する対策を
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 動画
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        中国のグリーン化は過大評価ニューズウィーク昼間の場合間本版 8月30昼間の場合間(月)22場合4分配信メリンダ?リウ(北京支局長)

         中国政府は8月9昼間の場合間、環境界汚染を招いている工場施設2000カ所以上を9月末までに閉鎖すると公表した。これは世界各国の環境界政策において、中国が第一面に立ちつつあることの表れなのか。近頃では、中国のエコノウハウはアメリカの先を行っているともいわれる。

         だが実際は、中国のグリーン化は過大評価されている。最新の調査によれば、今年上半期の中国の大気汚染は過去5年間で劣悪のレべルにまで悪化。酸性雨は全国440都市中200都市で確認された。

         しかも今年4~6月の中国のクリーンノウハウ向け投資額は世界全体の2%で、アメリカの10分の1程度だった。中国政府は環境界に優しい設備への移行を進入れいるが、自動車の急増や景気回復に伴う産業汚染の悪化に追い付いていない。

         北京ではウィークディの間、自自宅用車の5分の1の使用を制限する規制が敷かれ、一場合は青空が引き返した。だが現在は自動車が増え過ぎて規制の意風味がなくなっている。今年1~4月だけで北京では25万台の新車が発売された。

         中国政府がグリーン化を進めたくても、エネルギー消費と工業的な需要の増加という壁が立ちはだかる。そして遺憾ながら、中国のみならず全世界がこの戦いに敗れる公算が高い。

        (ニューズウィーク昼間の場合間本版9月1昼間の場合間号掲載)


        スポンサーサイト

        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。