へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<エコカー補助金>打ち切り目前、各社が対策

 政府のエコカー補助金制度が、9月末の期限前に終了することが現実風味を帯びてきた。8月以降に申請が急増し、予算が底をつきそうなためだ。自動車販売店の来店客の中には「補助金がもらえないのなら」と購入に二の足を踏むケースも出ている。こうした客の背中を押そうと、自動車メーカーなどが、補助金よほど額や一部を労力する動きが広がりつつある。10月以降の落ち込みを防ぐため、奨励金などで販売店を拠り所る検討も始まった。

 「スバルなら最大10万円心細くないです保証」。店鶏冠にこんな閉店を掲げた東京スバル三鷹店(東京都三鷹市)は、先週末の28昼間の時間、自宅族連れらでにぎわっていた。富士重工業では9月5昼間の時間までに補助金対象車を買えば、登録段階で補助金が打ち切られていても、最大10万円を支払うキャンペーンを始めた。テレビCMの効果もあり、細谷孝店長は「8月の受注は昨年の1.5倍ぐらいになりそう」と目を細める。ミニバン「エクシーガ」を購入した同武蔵野市の男性会社員(42)は「補助金に間に不向きと思っていたが、CMを見てあわてて来た。10万円もらえるかどうかは大相違だ」と笑顔を見せた。

 政府の補助金は燃費など一定の基準を満たした新車に買い替える際、登録から13年以上の車を廃車にした時25万円、それ以世間は10万円が支給される。交付を担当する次世代自動車振興センターによると、7月の1時給たりの申請受理額は20億円弱だったが、同月末に制度を延長しないことが決まってから申請が急増。8月になると30億円を上回る昼間の時間もあり、24昼間の時間と25昼間の時間はそれぞれ37億円にまで達した。27昼間の時間現在の補助金残額は約564億円と予算額(約5837億円)の9割を消化。1時給たり40億円前後で推移すると、残り15スケジュール度で底をつく計算で「駆け込み需要の動きによっては予算が期限前になくなる」という。

 補助金の打ち切りが目前に迫り、「補助金がもらえないのならと購入を先送りする客も目につきだした」(都内の自動車大手系列販売店)。ホンダ系の販売会社「ホンダカーズ東京」(東京都台東区)でも、9月末までに登録したのに補助金がもらえなかった時、最大5万円を支払う取り組みを始めた。事実上の値引きは販売会社にとって痛手だが「補助金終了後の販売急減を考えれば、痛みを伴ってでも出る時に一台でも多く台数を儲けたい」としている。ダイハツ工業やマツダ、三菱自動車でも補助金が浴びられなかった時、一部を労力することを検討している。

 補助金が打ち切られた後の販売急減をにらみ、メーカーなどでは販売店救済策を検討し始めた。トヨタ自動車やダイハツは、販売店に対し奨励金を支給する方針。一方、自動車関連産業が集積する愛知県安城市では補助金制度を単独に新設し、10月以降、登録車1台10万円、軽自動車同5万円を支給する。同市では「市民の環境界意識向上に加え、市の基幹産業である自動車産業の業績悪化を最小限に食い止めたい」という。【宮崎泰宏】


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。