へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銘柄巡回(1):みずほFG、スズキ、ANA、トヨタ、ティアックなど

 みずほFG <8411> 133 +1
 JPモルガン証券がメガバンクの配当利回りから注目。みずほは4.4%、三井住友FG <8316> の3.9%、三菱UFJFG <8306> の2.9%となっており、「中間配当の利回りでも国債利回りを超えることから、9月末にかけて配当期待の買いが入っても不思議ではない」と。

 スズキ <7269> 1638 +46
 5昼間の場合間ぶりに反発。インドの二輪坊主会社が生産才能を現在の年25万台から2012年の瀬までに54万台に高めると発表し、買い人気化している。才能増強で現在2%のシェアの向上を狙う。また鈴木修会長兼社長が26昼間の場合間の新車発表会で「為替予約があるので円高は直接には影響しない」と語ったことが伝えられており、円高抵抗力を見訂正する動向になっている。

 ANA <9202> 300 +3
 6昼間の場合間ぶりに反発。300円台を回復した。6月の国際線と国内線を合わせた旅行客数で、再建中のJALを初入れ上回ったことから見直されている。ANAが前年同月比9.6%増の365万514人と大幅に伸びたのに対し、JALは0.9%減の355万3695人にとどまった。約10万人の差。JALは路線や便数の削減を進入れおり、ANAの首位が定着する公算が大きいことも買い素材。いまだに2月12昼間の場合間の年初来安値を割り込んでいない数乏しい強調銘柄。この5昼間の場合間間の下げでも6月2昼間の場合間の安値265円を起点にした上昇トレンドの下限を割り込んでおらず、上昇トレンドは継続中だ。

 トヨタ <7203> 2928 +18
 後場プラス転換。ホンダ <7267> も上伸し高値引けとなった。マーケットの一部では公的お金の底値買い観測が浮上している。

 ティアック <6803> 39 +3
 物色される。米アップル社が9月1昼間の場合間に開催するイベントで持ち運び音楽プレーヤー「iPod」の新製気品を発表する視界であることから関連銘柄に再度注目する動向が浮上。スピーカーシステムを「iPod」向けに供給しているもよう。アップル社では部気品供給会社名を明らかにしていないが、これまで「iPod」関連として物色された経過があるニッパツ <5991> 、昼間の場合間本電産 <6594>、黒田電気 <7517> 、セイコーエプソン <6724> 、フォスター電機 <6794> などが注目される。

 ミツミ電機 <6767> 1183 +22
 上伸。世間資系証券が「株価は十分下落、PBRは割安、株価のリバウンドを見当」とし、投資決断「買い」を続けたことで買い気が向かった。同証券では株価倍率の割安やゲーム機マーケットの下期以降の回復視界を打ち出したほか、「8月5昼間の場合間の予定下方修正によりコンセンサス見当は大きく切り下が り、悪素材は概ね織り込まれた」としている。夢株価は2000円から1500円に引き下げとなったが、新たな夢株価が25昼間の場合間終値比較で3割の上ザヤにあるため買い要求を呼び込んだ。買い戻しも活発化。

 ザッパラス <3770> 115700 +3500
 一段高。一部で第1四半期(5~7月)の連結営業利益が前年同期比微増になったようだ、と報じられたことが見直された。主力の呪術サイトで会員数 が増えて課金所得が伸びた。業績悪化心配から5月25昼間の場合間の年初来安値11万300円に接近していたが、増益確保で見直された。

 大阪チタ <5726> 3790 +330
 5昼間の場合間ぶりに大幅反発。25昼間の場合間、ポリシリコン製造設備の操業再開を発表した。同社ポリシリコン製造設備については、既発表とおり、兵庫県の指導のもと、操業を一場合停止し高圧ガス保安法対応のための設備改造を行ってきたが、今般、改造工事が完了し関係官庁からの操業再開了解に基づき、操業を再開した。なお、建設中の岸和田工場についても大阪府の指導のもと同様の法対応のための設計変更を行っており、落成場合期は若干の遅れの割合はあるが、概ね当初予定どおり11年2月からの営業運転開始を見込んでいる。同場合に、11年3月期通期独自業績見当の下方修正を発表。通期独自業績見当の売上高は322億円(前回見当比21.5%増)に上方修正したが、営業損失55億円(前回見当は23億円)、経常損失62億円(同33億円)、当期純損失46億円(同29億円)に、それぞれ下方修正した。

 パルコ <8251> 643 +29
 堅調。25昼間の場合間、昼間の場合間本政策投資銀行(DBJ)との資本?業務夕イアップして及び第三者割当による一番担保転換社債型新株予約権付社債の発行を発表した。これが買い素材になった。同社は、25昼間の場合間、DBJとパルコ第1回一番担保転換社債型新株予約権付社債引受契約を締結し、同社が発行する新株予約権付社債(総額150億円)の耳を揃えてをDBJへ割当てることとした。

 昼間の場合間バルカー <7995> 205 +9
 堅調。25昼間の場合間、自己株式を取得すると発表した。取得し得る株式の総数上限は、100万株(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合1.12%)。株式の取得価額の総額上限は、2億7000万円。取得期間は、10年8月26昼間の場合間から10年10月29昼間の場合間まで。(編集担当:佐藤弘)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。