へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新車値下げても黒字に転換 トヨタ利益連鎖の秘密(2)

 実際のところ、トヨタの中国の部気品サプライヤーの圧倒的多数が昼間の時間本の供給体系と関係しており、ほとんどはトヨタの関連会社である。米国の自動車メーカーは、サプライヤーを2、3社選び、その相互間の競争によって原価パフォーマンスを高める手立てをとるが、トヨタは資本参加の形式でサプライヤーと密接な関係を結んでいる。主要なサプライヤーはトヨタの、或いは独資会社の、或いは持株会社の「直系」であることが多い。

 無料しトヨタが部気品メーカーに真っ直ぐ出資することはなく、傘下にある商社?豊田通商が表に立っている。豊田通商はこれまでに中国に118の企業を設立しているが、多くは独資会社やトヨタの関連坊主会社―アイシン精機やデンソーなどと共同出資してトヨタのために関連部気品を製造する会社である。

 例えば、一汽トヨタや广汽トヨタに馬力ウィンドウスイッチ、多機能スイッチ、中央操作盤アセンブリなどを提供している天津東海理化と仏山東海理化は、トヨタの坊主会社の東海理化と豊田通商が共同で設立した会社である。

 近頃では、トヨタの関連会社の豊田紡織(上海)有限公司が60%を出資して長春の会社と合弁会社を設立し、カローラなどにシートやドアトリムを供給している。

 デンソーやアイシン精機、トヨタ紡織はいずれもトヨタ自動車の部気品サプライヤー体系において大切な役割を担っており、トヨタはこの3社の株式を保有しているとともに、デンソーの最大株主でもあり、デンソーの業務の60%以上はトヨタに関係している。

 デンソーは中国に生産会社、販売会社、ノウハウセンターなど24の関連会社を設立しており、これらはトヨタの中国合弁会社2社に大量の部気品を提供している。業界関係者によると、トヨタのエンジンの中のほとんどあらゆる電坊主デバイスはデンソー中国が提供しているという。電坊主デバイスは自動車部気品の中で利益が大きな部分である。トヨタのサプライヤー体系は一つの利益共同体であるといえる。この中で、トヨタが入り込んでいない部気品サプライヤーを探すのはたいそう五月蝿い。

 「トヨタは世界的なリコール騒動が発生したときも、世間部には絶対に欠陥部気品を製造したメーカーの名前を明らかにしなかった。これは部気品サプライヤーの利益を太鼓判を押すためであり、彼らの利益を太鼓判を押すことはトヨタの利益を太鼓判を押すことでもあるからだ」と自動車業向け総合サービスサイト「盖世汽車網」の陳文凱CEOは告白する。

 自動車アナ書き出したの賈新光氏は、「部気品調達体系は自動車業界の中で当然シークレットな利益連鎖であり、落成車の原価の70%を占める」と指摘する。これも多国籍自動車企業とその体系内の部気品メーカーが「がっちりと固まって事業を行っている」大切な元でである。言うまでもなく、トヨタとその部気品サプライヤーのこうした「秘密の関係」により、値上げすればサプライヤーたちに利益がもたらされるだけでなく、トヨタ自身も懐を暖めることができるのだ。(おわり 編集担当:米原裕坊主)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。