へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新車値下げても黒字に転換 トヨタ利益連鎖の秘密(1)

 「新車は値下がりしたのに、メンテナンスに不可欠な部気品の値段はどうしてこんなに高くなったのか」。中国でトヨタカローラを所持つ消費者は、メンテナンスの見積もりを見て、疑わしいと怒りの声をあげた。「近頃、トヨタ車の持ち主からこのような不平を言われることが多いのだが、私たちディーラーが値上げしたわけでなく、部気品値段はメーカーが真っ直ぐ管理していて、調整されるときは全国で一斉に調整される」と告白するのはトヨタディーラーの店員だ。「6月末から7月初め、一部部気品がいきなり値上げされた。メーカーからあまり説明がなく、私たちはそれに追随して見積もりを行うしかない」と語る。中国網昼間の時間本語版(チャイナネット)が報じた。

 部気品が値上がりする一方で、トヨタの中国合弁会社2社の新車値段は大幅に下落した。「トヨタリコール事件」の発生により、これまでずっと安定した値段を維持してきた一汽トヨタと广汽トヨタは、シェアの急激な低下を防ぐために「全車類の値下げ」を実行するしかなく、値下げ幅は最良で5万6000元(約70万円)に達した。

 注目すべきは、トヨタが8月4昼間の時間に公表した2010年4~6月期の連結決算だ。1904.7億円の利益を獲得して赤字から黒字に転換したと公表し、今期の利益見当を上方修正した。これには中国を中心とするアジアマーケットの功績が大きい。

 トヨタが値下げによってシェアを守り、そのうえ利益追求も放棄していないことは明らかである。このような状況の中、トヨタがひそかに一部部気品を値上げしたことは意風味深長だ。全車類の値下げはトヨタの中国合弁会社に少なからぬ損失をもたらしたが、部気品供給システム全体をしっかりと握っているトヨタ中国にとってみれば、ひそかに部気品を値上げすることで、あるところの損失を別のところで補っているのである。

 しかし多くの消費者からすれば、中国での販売台数、国産化率の上昇によって、部気品の原価は希薄化するのが当たり前であり、新車が値下がりして部気品が値上がりするというのは理解しがたい。

 ある業界関係者は次のような見方を示す。トヨタは一貫して利益至上主義の企業であるが、「リコール異常」の影響で今年上半期の一汽トヨタと广汽トヨタの販売台数は「夢期限の半分で夢数値の半分に達する」ことができなかった。このため、両社は値下げという「下策」をとらざるを得なかったのである。

 しかしトヨタはこれによって利益追求を放棄しようとはしない。「落成車よりもアフターサービスのほうが利益率は高い。当然よく売れている車類の部気品値段を調整すれば、上昇幅がそんなに大きくなくても、新車値下げによる損失を容易に相殺することができる」と業界関係者は告白する。

 また、全車類を値下げすることで、中国での販売台数も目に見えて回復してきている。今年1-7月の乗用車メーカーの販売台数ランキングでは、一汽トヨタは21万2850台で第10位だった。(つづく 編集担当:米原裕坊主)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。