へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資促し材料産業守れ 追加経済対策 エコノ手落ちト提言  

 国内景気の「グンス場」入りが心配される中、政府?与党が調整作業を進める追加経済対策について、エコノ手落ちトからは、国内での設備投資を提起する施策で昼間の時間本が強みを有する材料産業の海世間流出を防ぐほか、若年層の雇用対策、急激な円高への対応などの提言が相次いだ。

 ◆中長期の姿勢を

 野村証券金融経済探求所の木内登英チーフエコノ手落ちトは、民主党が検討する追加経済対策について、「消費喚起や環境界などウケの良い政策に偏っている」と批判。その上で、「付加値打ちの高い化学や電坊主部気品、燃料電池領域への真っ直ぐ的な補助金などが有効」と提言する。

 三菱総合探求所の後藤康雄主席探求員は「景気の足取りが鈍っているのは自宅計が弱いのではなく、企業の設備投資の減退が元で。中長期的なビジネス機会を国内に見いだせない」と分析。規制緩和による国内での設備投資のインセンティブ向上を期待する。

 このほか、「政府と企業が協力して若年層の就業リハピリを行い、人材の底上げを図る」(昼間の時間本総合探求所の湯元健治理事)、「フリーターの語学研修を国費で支援し、企業のほしい人材を作り上げる」(大和総研の牧野潤一シニアエコノ手落ちト)など、若年層の雇用促進策に関する具体策も挙がった。

 とはいえ、多くのエコノ手落ちトは「追加対策が必要というほど景気は悪化していない」とみており、「政府は中長期での対策、姿勢を示すことが重要」と要求を付けた。

 一方、政府の景気支援策で本格回復に向かってきた業界からは、政府による追加経済対策の方角性に恨み節も聞こえる。新車販売の回復に貢献したエコカー購入補助制度が9月末に終了する自動車業界。直嶋正行経済産業相は同制度の延長はしないと明言しており、大手メーカーは「他の業界以上に支援してもらった」などと、制度延長にあきらめのコメントも。無料、同制度終了に伴い、10月以降は各社とも2~3割の反動減を見込んでおり、「補助制度に代わる施策を考えてほしい」(大手メーカー幹部)との本音も聞こえてくる。

 ◆エコポ継続期待

 12月末終了計画の自宅電エコポイント制度について、昼間の時間本電機工業会の北沢通宏会長は「できるものなら続けてほしい」と期待を込める。かりに期間拡張すれば、「暖房用のエアコン需要の下拠り所に入る」(三菱電機)と見込む。このほか、海世間マーケットで競合する韓国や中国のメーカーと対抗するため、「法人税の引き下げや探求開発費へのインセンティブをつけてもらいたい」(北沢会長)との要望も根強い。

 不動産業界では、家版エコポイント実施期間延長と長期固定金利の家借金「フラット35S」の金利厚遇の延長が議論されていることに安堵(あんど)の声が上がった。首都圏のマンション供給戸数は7月までに6カ月連続増と順調だが、「政策効果に頼りきった面が大きい」(マンション大手)からだ。

 一方、来週23昼間の時間の東京株式マーケットで昼間の時間経平均株価は9116円69銭で、17昼間の時間の年初来安値(9161円68銭)を下回った。マーケットでは、「政府の円高対応への期待感が株価を下拠り所してきた」(中小証券)ものの、その期待感が薄れて失望売りを招くとの声も出ている。

 大手証券関係者は「政府の追加経済対策は先週から話題となっていたが、マーケットはほとんど動作しなかった」と手厳格。メガバンク関係者も「政府で議論されている追加経済対策のほとんどは、やりつくした感があるものばかり。実際に実施したとしても、真っ直ぐ的な効果は限定的だろう」との悲観的な見方が強い。別のメガバンク関係者は「『昼間の時間本は何もしない』とマーケットから思われるのがやばい。為替介入を含め、思い切った対策を打ち出すべきだろう」と政府の出方を見守っている。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。