へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシア自動車マーケットに熱眼差し、昼間の時間本メーカー強化急ぐ

 インドネシアの自動車マーケットに昼間の時間本企業が熱い眼差しを注いでいる。堅調な経済発育を継続する同国では自動車販売も急速に増加し、収益拡大のチャンスになっているためだ。昼間の時間産自動車が2013年までに現地工場の生産才能を倍増するなど自動車メーカーが生産増強に動いているほか、自動車部気品などの関連企業も同国事業の強化を大至急いる。

 昼間の時間産は、インドネシア現地法人の既存工場に20億円規模の新たな設備投資を行い、現在の年間約5万台の生産才能を13年までに10万台へと引き上げる。同工場では主力コンパケト車の新型「マーチ」の生産を今年11月に始めるほか、11年にはコンパケトSUV(スポーツ用多目的車)「ジューク」の生産も開始。販売店も現在の46店から80店以上に拡充する。

 09年の同国での販売台数は2万1440台でシェアは4?4%だが、13年までにそれぞれ約9万台、10%以上に拡大する予定。現地法人の木村隆之社長は「インドネシアではモータリゼーション(車社会化)が急速に進んでおり、たいそう大切なマーケットになっている」と意欲をみせる。

 ダイハツ工業も同国の合弁工場の生産才能を現在の約20万台から11年までに約30万台に増強する。

 自動車部気品や、鋼材を供給する鉄鋼業界も現地需要の取り込みに懸命だ。曙ブレーキ工業は今年10月をめどに現地工場の隣接地を取得して工場を拡張。これまでの二輪車用に加え、四輪車用部気品の生産才能を増強し、09年度に約110億円だった現地売上高を12年度に130億円としたい考えだ。新昼間の時間本製鉄も自動車向け鋼管の現地工場の隣接地に第2工場を建設する。

 インドネシアの今年4~6月期の実質GDP(国内総生産)は前年同期比6.2%増。上期(1~6月)の新車販売台数は同76%増の37万206台と大幅に膨張した。通年では70万台に達し過去最良を書き換えする割合が大きく、「今後数年で100万台に到達する」との見方が強い。同国で昼間の時間本車は9割のシェアを誇るが、韓国の現代自動車が現地生産に乗り出すなど他国企業も攻勢をかける構えで、競争の激化は必至だ。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。