へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電動自転車、バイク抜く 1~6月出荷台数、初入れ

 坂道でも簡単と走れる利便性などで人気を集める電動アシスト自転車の国内出荷台数が、平成22年1~6月に初入れ二輪車(輸入車を除く)を上回ったことが20昼間の時間、明らかになった。5年に世界で初入れ昼間の時間本で発売された電動アシスト自転車。17年が経緯して、苦戦続きのバイクを尻目に身近な乗り物としての“快走ぶり”が際立っている。

 自転車産業振興協会によると、1~6月の電動アシスト自転車の出荷台数は前年同期比10?9%増の20万6774台。昼間の時間本自動車工業会の調べでは、二輪車は同5?6%減の19万4304台にとどまった。

 電動アシスト自転車は年間出荷台数でも二輪車を超える公算が大きい。すでに排気量50cc以下の原きっかけ付き自転車については、20年に電動アシスト自転車の出荷台数が上回っている。

 電動アシスト自転車は特に坊主供連れの主婦にとって利便性は高く、「3人乗り」が解禁された21年には各社が対応車を投入し、需要を拡大した。

 一方の二輪車は、大都市圏の車を停める場所不足や、ライフスタイルの多様化などが響き、国内出荷台数は近頃2年間で44%も減少。最大手のホンダは「二輪車は本来、簡便で安い乗り物だ」(幹部)として、モデルチェンジや新車投入の際に値段を低下させる方針だが、不利を挽回(ばんかい)するのは簡単ではなさそうだ。

【用語解説】電動アシスト自転車

 ペダルを踏む力をセンサーが解析し、モーターがこぐ力を補助する自転車。平成5年にヤマハ発きっかけが世界で初入れ発売した。現在はパナソニックやブリヂストンサイクル、三洋電機なども販売。需要が拡大し、21年に自転車の3人乗りが認められるきっかけにもなった。海世間では欧州や中国のメーカーが参入するなど、世界的にも普及が進んでいる。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。