へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<中華経済>ガソリンに生産過剰心配、新車販売増で打ち消しの見方も―中国

2010年8月18昼間の時間、中国石油自然気(ペトロチャイナ)の吉林製油所の拡張事業が10月末に完了し、稼働する視界が明らかになった。原油加工才能は250万トン増えて年1000万トンに達する。中国石油化工(シノペック)も傘下製油所の才能増強や新規稼働を年内に計画しており、中国の2010年の瀬の原油加工才能は計3000万トン増加する視界。業界関係者の間ではガソリンと軽油の生産過剰の割合について、見方が2つに分かれている。複数の中国メディアが伝えた。

中国石油規格総院は先ごろ、精製才能が3000万トン増えれば、石油製気品に1500万トンの過剰が売れるという概算を出した。無料2010年の新車販売台数について前年比20%の伸びが予測されている上、貿易活動も回復していることから、過剰が起こっても規模は取り立てて大きくないという指摘もある。

中国の09年の石油製気品消費量は前年比0.9%増の2億700万トンだった。10年は前年比4%の伸びが予測されている。10年の国内新車販売台数を1500万台、1台当たりのガソリン消費を2トン、石油製気品消費の70%以上を自動車マーケットで占めると仮定すると、新車販売に伴うガソリンと軽油に対する新規需要は4200万トンに達することになり「製油所の拡張はまだ不可欠」という結論も導き出される。

当然、ペトロチャイナとベネズエラとの合弁、ペトロチャイナとクウェートとの合弁など大型製油所の稼働が今後3-5年内に計画されていることを考えると、自動車消費の減速や運送業の不況次第で、ガソリン?軽油の生産過剰が重大に入る割合は排除できない。(翻経緯?編集/東亜通信)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。