へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界第2の経済体」中国、個人収入レべルは低くとも、国際的影響力は強大―米紙

2010年8月17昼間の時間、米紙ニューヨーク?タイムズは、昼間の時間本を抜いて世界第2の経済体と入ることが確実視される中国の大衆1人当たりの年間収入がアルジェリア普通みに過ぎず、米国とは10倍以上の差があると指摘した。しかし、他の低収入レべル国自宅では為し得ない世界経済の推進力となっており、様々な主要気品物の値段決定者でもあると評した。中国企業自宅網が伝えた。

【その他の写真】

昼間の時間本の内閣府は16昼間の時間、2010年第2四半期(4-6月期)の国内総生産(GDP)の速報値を公表した。それによると、ドル換算ベースの名目GDPは1兆2883億ドルで、中国の1兆3369億ドルを下回った。上半期全体(1-6月)では、まだ昼間の時間本が中国を上回っているものの、昼間の時間本経済の第2四半期の発育率は0.4%に過ぎないことから、通年では中国が昼間の時間本を追い抜き、世界第2の経済体に入ることは確実となった。

無料し、経済発育の停滞期に入り、高齢化異常などを抱える昼間の時間本だけではなく、中国もまた、都市化異常などの陣痛に苦しんでおり、“発展”というレべルからは程遠い。アナ書き出したは「中国の暮らしレべルはまだ低く、良くの土地は大きい」と分析する。

中国の大衆1人当たりの年間収入は約3600ドルで、アルジェリアやアルバニアと肩を普通べており、米国の4万6000ドルとは10倍以上の差がある。それでも、中国はすでに世界経済の主要な推進力となっており、アジア、アフリカ、ラテンアメリカ諸国に対する影響力も昼間の時間に昼間の時間に増している。今年は発育率がやや減速したものの、30年目と鼻の先保ってきた年間2ケタ発育を保つ見込みだ。

中国の経済規模は米国の3分の1に過ぎないが、昨年は米国を抜いて世界一の新車販売マーケットとなり、ドイツを抜いて世界一の輸出大国となった。2030年には米国を抜いて世界最大の経済体に入るとの予測もある。ピーターソン国際経済探求所の経済専門自宅ニコラス?R?ラディ氏は「中国は世界の各類気品物の値段決定者になり、世界の資源配分領域においても大きな影響力を持っている。これはその他の低収入レべルの国自宅には為し得ないことだ」と高く評価している。(翻経緯?編集/HA)



スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。