へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独車メーカー、HVで昼間の時間本マーケットに攻勢 “昼間の時間独対決“激化へ

 ドイツの自動車メーカーが、ハイブリッド車(HV)を軸とする次世代環境界対応車を昼間の時間本マーケットに投入する動向をみせている。環境界車ではディーゼル車が主役の欧州だが、HVが主流の昼間の時間本を照準に昼間の時間本メーカーの追撃を目指す。

 ポルシェが来年にも投入するのは、燃費がガソリン1リットルあたり12.2キロ(欧州参考値)という高級SUV(スポーツ用多目的車)のHVモデル「カイエンSハイブリッド」だ。新たに生産の決まったプラグインハイブリッド車(PHV)のスーパースポーツカー「918スパイダー」の時、時速320キロの最良スピードに対し、燃費は1リットルあたり33.3キロという。スポーツカーマーケットに一石を投じるとみられ、「昼間の時間本の購入脉者も登録済み」という。

 BMWは7月からSUV「X6」のHVモデルの受注を開始。高級セダン「7シリーズ」のHVモデルの納車も先月、始まった。

 アウディは再来年にHVで2車類、その翌年にも1車類を投入する視界。輸入車で初入れHVを導入したメルセデス?ベンツは昨年秋、最良級セダン「Sクラス」でHVモデルを発売済みだ。

 こうした動向が相次ぐバックには昼間の時間本でディーゼル車の存在感が薄いのに対し、7月の車名別新車販売台数でトヨタ自動車の「プリウス」が14カ月連続第一面に入るなど、HVの需要増が引き続いていることがある。

 アウディは「環境界対応の戦略を変更し、顧客のニーズに応える」(ドミニク?ベッシュ昼間の時間本法人社長)と決断。年内に計画していたディーゼル車の販売を見送ったほどだ。

 トヨタは再来年にも市販向けのPHVを発売するなど昼間の時間本勢も譲らない構えで、昼間の時間本マーケットをステーヅに次世代車の主導権をめぐる“昼間の時間独対決”が展開されそうだ。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。