へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月の中古車販売台数4?8%減 18カ月連続で前年レべル下回る 

 昼間の場合間本自動車販売協会連合会(自販連)が11昼間の場合間公表した7月の中古車販売台数(軽自動車を除く)は前年同月比4?8%減の32万7881台と、昨年2月から18カ月連続で前年レべルを下回った。7月としては1978年の統計開始以来最低で、中古車マーケットの低迷が引き続いている。

 内経緯をみると乗用車は3?9%減の28万2510台と22カ月連続で減少。これまでのピークだった1996年から3割以上低レべル。トラックも9?6%減の3万6576台と7月として初入れ4万台を割り込んだ。景気低迷により、運輸、物流業者の購入意欲が鈍っているとみられる。

 同場合に公表された廃車などの永久抹消登録台数は前年同月比6?8%増の4万2457台。車齢13年超の中古車を廃車にしてエコカーを購入すると25万円の補助金がもらえる政府のエコカー購入補助金が影響しているようだ。これにより、13年超を過ぎた割安な中古車がマーケットに出回りにくくなったことも低迷の一因とみられる。エコカー減税と合わせた新車購入支援により、中古車の割安感が小さくなっている。

 9月末のエコカー購入補助金打ち切りで、中古車が見直される割合もあるが、自販連では「補助金終了の影響を見当するのは五月蝿いものの、中古車マーケット縮小の基調が大きく変わるとは考えにくい」としている。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。