へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銘柄巡回(2):MUTOH、稲畑産、三菱マ、明和産、セ硝坊主など

 MUTOH-HD <7999> 140 +13
 大幅に3昼間の場合間続伸。10昼間の場合間14場合、11年3月期通期連結業績の上方修正を発表。売上高は260億円(前回見当比4.0%増)、営業利益は12億円(同118.2%増)、経常利益は11億円(同100.0%増)、当期純利益は6億5000万円(同140.7%増)に上方修正した。当第2四半期累計売上高では、アジア地域において当初予定を超える威勢を示しており、欧米地域でも回復傾向にあるものの、販売値段の低下の影響もあり見当値は前回を僅かに超える見込み。当下半期についても、値段競争の激化や欧州の経済情勢等の不透明感があるものの、まめな販路拡大や継続的な経費削減等を推進することで順調を維持し、当初の業績見当を超える見込み。

 稲畑産 <8098> 432 +34
 大幅続伸。10昼間の場合間14場合、11年3月期通期連結業績の上方修正を発表。売上高は4600億円(前回見当比7.0%増)、営業利益は82億円(同64.0%増)、経常利益は72億円(同50.0%増)、当期純利益は60億円(同42.9%増)に上方修正した。第2四半期連結累計期間の業績視界については、アジアを中心とした景気回復を浴び、主力の情報電坊主事業、合成樹脂事業に加え化学気品事業でも当初見当以上に回復基調となり、良好に推移していることから、10年5月12昼間の場合間に発表した業績見当を上方修正した。また、通期の連結業績見当については、年度後半の景気動きに不確実な要素が多いと思われるものの、第2四半期連結累計期間の業績視界を踏まえ、前回業績見当を上方修正した。

 三菱マ <5711> 249 +12
 大幅反発。9昼間の場合間、11年3月期第2四半期末連結累計期間業績見当の上方修正を発表。第2四半期末連結累計期間業績見当を、売上高6700億円(前回見当比8.1%増)、営業利益260億円(同116.7%増)、経常利益240億円(同200.0%増)、四半期純利益60億円(同500.0%増)に、それぞれ上方修正した。第1四半期の銅値段が当初の想定を超えるレべルで推移したことに加えて、自動車?半導体関連マーケットを中心とした需要が想定以上に回復したことにより、第2四半期連結累計期間の営業利益、経常利益は前回見当を超える見込み。

 明和産 <8103> 237 +10
 堅調。9昼間の場合間、11年3月期通期連結業績見当の上方修正を発表。通期連結業績見当を、売上高1448億円(前回見当比1.6%増)、営業利益23億2000万円(同13.7%増)、経常利益27億円(同13.0%増)、当期純利益17億円(同20.6%増)に、それぞれ上方修正した。電池関連部材の需要拡大に伴い同素材の輸入取引が伸長する視界となり、また、第1四半期における在中国坊主会社の石油製気品販売が同国々内需要の拡大により順調に推移したことを踏まえ、連結?個別ともに前回発表した業績見当を超える見込みとなった。

 セ硝坊主 <4044> 350 +8
 4昼間の場合間続伸。9昼間の場合間、自己株式取得と第2四半期業績の上方修正を発表。取得する株式の総数上限は300万株(発行済株式総数に対する可能性1.39%)、取得価額の総額上限は12億円、取得する期間は10年8月10昼間の場合間から11年3月24昼間の場合間まで。同場合に、11年3月期第2四半期連結業績の上方修正を発表した。売上高は770億円(前回見当比2.7%増)、営業利益は32億円(同60.0%増)、経常利益は29億円(同52.6%増)、四半期純利益は15億円(同25.0%増)に上方修正した。連結?個別業績ともにファインケミカル製気品を中心に化成気品事業関連製気品の出荷が堅調に推移し、売上高、営業利益、経常利益、四半期純利益が前回見当を超える視界。

 カーバイド <4064> 187 +20
 大幅に4昼間の場合間続伸。9昼間の場合間、11年3期通期連結業績の上方修正を発表。売上高は560億円(前回見当比2.8%増)、営業利益は47億円(同30.6%増)、経常利益は43億円(同38.7%増)、当期純利益は24億円(同45.5%増)に上方修正した。第2四半期連結累計期間については、中国を中心とした新興国の景気回復などもあり、化成気品関連製気品や電坊主素材製気品の操業度良く普通びに仕入れ値削減効果や、引き続き液晶関連向け製気品の堅調な需要が見込まれるため、10年5月12昼間の場合間に発表した業績見当を上方修正した。通期については、第2四半期連結累計期間の業績見当の修正に加え、第3四半期以降の円高や原素材値段高騰の影響を織り込み、前回発表した業績見当を上方修正した。

 昼間の場合間特塗 <4619> 348 +32
 大幅に4昼間の場合間続伸。9昼間の場合間、11年3月期通期連結業績の上方修正を発表。売上高は313億円(前回見当比0.9%増)、営業利益は4億5000万円(同80.0%増)、経常利益は12億5000万円(同38.9%増)、当期純利益は9億5000万円(同90.0%増)に上方修正した。第2四半期連結累計期間の業績見当については、主に自動車需要の増加による売上高の増加や持分法適用会社の業績回復、ならびに当第1四半期累計期間に投資有価証券売却益を計上したことから、前回見当を超える見込み。通期の業績見当についても、為替の変動、原油値段の高騰による原素材への影響や新車買い替え補助金の終了による需要減が心配されるものの、第2四半期の連結業績見当を踏まえて上方修正した。

 ミヤチテクノス <6885> 523 +18
 3昼間の場合間ぶりに反発。9昼間の場合間、10年6月期通期連結業績見当の上方修正を発表。通期連結業績見当を、売上高195億円(前回見当比5.4%増)、営業利益2億5000万円(同66.7%増)、経常利益1億2000万円(同20.0%増)、当期純利益6000万円(前回見当は3億2000万円の損失)に、それぞれ上方修正した。第4四半期での大幅な増収及び固定費のさら入る削減の効果により、これまでの赤字を付け足す見込みとなった。地域別では、景気回復が無遅かった昼間の場合間本は赤字で、これを比較的景気回復が早かった韓国、中国、米国で付け足すことになった。

 ディスコ <6146> 5070 +270
 5昼間の場合間ぶりに大幅反発。9昼間の場合間、11年3月期通期連結業績見当の上方修正と増配を発表。通期連結業績見当を、売上高1020億円(前回見当比17.9%増)、営業利益188億円(同55.4%増)、経常利益200億円(同51.5%増)、当期純利益126億円(同50.0%増)に、それぞれ上方修正を発表した。半導体マーケットはアジア地域を中心にたいそう活況であることから、グループの業績予測を改入れ精査した結果、10年5月13昼間の場合間に行った業績視界を上方修正した。また、この業績修正を踏まえ、11年3月期年間配当見当を前回見当の50円(第2四半期末:25円、期末:25円)から75円(第2四半期末:35円、期末:40円)に修正した。

 リンテック <7966> 1718 +46
 反発。9昼間の場合間、11年3月期第2四半期連結累計期間業績見当の上方修正を発表。第2四半期連結累計期間業績見当を、売上高1070億円(前回見当比4.6%増)、営業利益110億円(同50.7%増)、経常利益105億円(同50.0%増)、四半期純利益73億円(同52.1%増)に、それぞれ上方修正した。当第1四半期の業績は、売り上げが順調に推移し、また、利益面においては増収効果に加え、原燃料値段の上昇が小幅にとどまったことや固定費削減、製造仕入れ値低減の効果もあり、当初想定を上回った。当第2四半期についても、現在の状況が続ける視界であることから、第2四半期連結累計期間の業績は当初見当を超える見込み。(編集担当:佐藤弘)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。