へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銘柄巡回(2):ローランドDG、サンデン、福山通運、KYBなど

 ローランドDG <6789> 1223 +65
 大幅続伸。5昼間の時間、11年3月期第2四半期連結累計期間業績見当の上方修正を発表。第2四半期連結累計期間業績見当を、売上高161億8000万円(前回見当比4.4%増)、営業利益13億2000万円(同180.9%増)、経常利益11億4000万円(同165.1%増)、四半期純利益6億2000万円(同416.7%増)に、それぞれ上方修正した。利益面では、売上の増加に伴う生産量の増加等によりコスト率が良くすること等から、営業利益、経常利益及び四半期純利益とも見当を大きく超える視界となった。

 サンデン <6444> 309 +28
 大幅続伸。5昼間の時間、11年3月期第2四半期連結累計期間業績見当の上方修正を発表した。第2四半期連結累計期間業績見当を、売上高1050億円(前回見当比8.2%増)、営業利益45億円(同80.0%増)、経常利益50億円(同78.6%増)、四半期純利益45億円(同164.7%増)に、それぞれ上方修正した。主力の欧米のマーケット回復およびアジア地域の新興国の良好なマーケット拡大による自動車機器事業の販売増加、国内および中国における流通システム事業の販売増加により、上期業績は、売上高、利益ともに前回見当を超える視界となった。

 福山通運 <9075> 446 +32
 大幅続伸。5昼間の時間、11年3月期通期連結業績の上方修正を発表した。売上高は2573億円(前回見当比0.2%増)、営業利益は130億円(同18.2%増)、経常利益は130億円(同16.1%増)、当期純利益は71億円(同7.6%増)に上方修正した。国内景気は緩やかな回復をたどり、荷動きも堅調に推移するなかで、関東地区のネットワークの整備や3PL事業の強化策により、売上は予定を遂げる見込み。利益の面においては、業務の良くが進み、営業?経常利益とも増益幅は拡大が見込まれるが、当期純利益においては、特別損失の発生が見込まれ前期比では減益と入る見込み。

 KYB <7242> 388 +44
 大幅に3昼間の時間続伸。5昼間の時間、11年3月期通期連結業績の上方修正を発表。売上高は3030億円(前回見当比8.2%増)、営業利益は190億円(同72.7%増)、経常利益は188億円(同67.9%増)、当期純利益は110億円(同52.8%増)に上方修正した。当第2四半期連結累計期間は、自動車需要と中国を中心とした建設機械需要が想定以上に膨張した結果、同社の四輪車用機器と油圧機器が大幅に増収となり、また同社グループ各社の総コスト低減活動も相俟って10年5月11昼間の時間に発表した当期間の業績見当を超える見込み。通期の業績見当については、下期に政府新車需要喚起策が終了することに加え、資材値段の高騰も見当されるが、旺盛な建設機械需要が貢献し前回発表見当を超える見込み。

 河西工 <7256> 374 +35
 大幅に4昼間の時間続伸。5昼間の時間、11年3月期通期連結業績の上方修正を発表。売上高は1150億円(前回見当比10.6%増)、営業利益は70億円(同75.0%増)、経常利益は64億円(同82.9%増)、当期純利益は27億円(同107.7%増)に上方修正した。第2四半期連結累計期間の業績は、主要得意先の増産効果に加え、同社グループを挙げて取り組んでいるコスト低減活動の効果もあり、当初見当を超える見込みであるため、上方修正した。通期の業績については、第2四半期連結累計期間の業績の修正に加え、第3四半期以降に見当される主要得意先の生産動きを考慮した結果、当初見当を上方修正した。

 シロキ <7243> 233 +21
 大幅続伸。5昼間の時間、11年3月期通期連結業績の上方修正を発表。売上高は1200億円(前回見当比7.4%増)、営業利益は58億円(同70.6%増)、経常利益は55億円(同71.9%増)、当期純利益は75億円(同21.0%増)に上方修正した。第2四半期連結会計期間については、得意先生産台数の増加が見込まれ、売上高、利益ともに前回発表見当を超える視界になったので、連結及び個別ともに業績見当を上方修正した。また、通期業績見当については、下期の自動車販売動きが不透明なコンディションではあるが、第2四半期連結会計期間の業績視界を踏まえ、連結及び個別ともに業績見当を上方修正した。

 藤森工 <7917> 1242 +61
 大幅続伸。5昼間の時間、11年3月期通期連結業績の上方修正を発表。売上高は781億2000万円(前回見当比2.4%増)、営業利益は44億8000万円(同12.6%増)、経常利益は45億1000万円(同12.8%増)、当期純利益は26億9000万円(同14.5%増)に上方修正した。同社グループにおいては、情報電坊主事業の偏光板用本職テクトフィルム、情報記録用材等 及びライフサイエンス事業の暮らし用包みました材等の受注が堅調だったことに加え、生産面全般での能率性良くを推し進めたことなどにより、当第1四半期累計期間の連結業績は当初見当を上回った。このような状況を踏まえ、11年3月期第2四半期累計期間については連結?個別ともに上方修正した。第2四半期累計期間の業績見当の上方修正に伴い、11年3月期の通期業績見当についても連結?個別ともに上方修正した。

 古河スカイ <5741> 246 +18
 3昼間の時間ぶりに大幅反発。5昼間の時間、11年3月期通期連結業績見当の上方修正を発表。通期連結業績見当を、売上高2000億円(前回見当比4.4%増)、営業利益110億円(同37.5%増)、経常利益101億円(同40.3%増)、当期純利益84億円(同37.7%増)に、それぞれ上方修正した。半導体?液晶製造装置向け等の厚板、自動車、電気機械向け等の一般汎用材や箔地などの売上数量が前回見当を超える見込みとなったことから、売上高、営業利益、経常利益、当期純利益のいずれも前回発表見当を超える見込みとなった。

 旭硝坊主 <5201> 919 +18
 続伸。野村證券は、同社のレーティング「1」、夢株価1550円を続けた。液晶ガラス基板においても今後需要面で影響は出そうだが、ガラスは供給メーカーの数が限られるため若干需給均衡が軟化しても、急激な値段下落とはならないと見当するそうだ。野村は、株価は川下業界の生産調整に過剰に動作しており、割安感が強いと企てているという。クレディ?スイス証券は、同社の投資評価「NEUTRAL」、夢株価880円を継続。液晶パネル業界は明らかに減産基調に入っているという。また、値段が5%程度下落したという話も伝わってきており、会社視界は安心できないそうだ。CS見当2280億円の達成はやや厳しくなってきた割合があるそうだ。

 住友重機 <6302> 475 -2
 小幅反落。野村證券は、同社のレーティング「1」を続け、夢株価は以前の675円を640円に引き下げた。プラスチック機械や機械コンポーネント(変減速機)に使用される部材の調達が困難である点を考慮し、野村見当を若干下方修正したという。それでも、中国を始めとする新興国向け需要は順調で、11年3月期~12年3月期にかけて高い利益発育が許すという見方は変えておらず、レーティングは「1」を続けるそうだ。(編集担当:佐藤弘)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。