へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーミュラーカーが都内の公道を爆走

ゼンリンデータコムは8月6昼間の場合間、フォーミュラーカーを都内の公道で走らせる本職モーションイベントを実施した。



このフォーミュラーカーはかつてのF3000/Fニッポンクラスのボディをベースにしており、車体サイズは全長4410mm、全幅2000mm、エンジンは昼間の場合間産製のV6?3000ccを搭載する。エンジンは旧世代の「VG」型だが、685kgの軽い車重で最良速は230km/hに達するという。同社の好みカラーであるブルーのカラーリングが施され、同社のナビゲーションサービス『いつもナビ』のデカールが貼られる。

公道を走行するため、もちろんナンパブ付き。車両法をクリアするための改造が施されている。地上最低高は90mmが確保されているほか、ヘッ割り知ってトの横やボディサイドにはウインカーも追加されている。一般的なラジアルタイヤに換装され保護用のフェンダーを装着。とはいってもコクピットはフォーミュラーマシンそのもので、MOMO製の脱着可能な小径ステアリングイールやレイナード製のトランスミッションはベース車そのままだという。公道仕様のためフォーミュラーマシンと聞いて想像するような爆音はなく、思いのほかエンジン音は控えめだ。

ゼンリンデータコムのナビゲーションサービス「いつもNAVI」のレーシング背広を身にまとって都内を割り知ってブするのは、オーナーの石川剛さん(三重県在住)。「10数年前に新車として車検を案内して以来、名古屋などの一部の都市の公道で走らせたことはあるが、東京は初入れ」とのこと。絶対にボディは大きくないが、一般車に混じって六本木の街をフォーミュラーマシンが走るのは異様な光景で、注目度はずば抜けた。中継地点の東京ミッドタウン前では、昼休みの俸禄マンやOL、行楽客が会合一斉に持ち運び電話を取り出して写真を撮っていた。

同社の広報担当者によると、「一般公道をフォーミュラーカーが走る意世間性で、並の広告カーにはない“驚き”を感じてもらえれば。フォーミュラーカーを使うのは“ナビの最良峰を目指す”という狙いも込めた」という。また、J-WAVEとのコラボレーションで「放送とリアルイベントとネットの相乗効果に期待したい」と本職モーション面での狙いも説明した。

この昼間の場合間は、10場合30分に渋谷周辺をスタートし、11場合30分前後に六本木ヒルズアリーナ付近、12場合10分には東京ミッドタウン、13場合30分に東京ドームシティ、14場合15には銀座?有楽町のソニービル、15場合40分には再びヒルズアリーナに戻り、新宿周辺を経由してふたたび渋谷に戻る計画だ。





スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。