へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコカー補助金終了迫り、駆け込み需要へ対応、部気品各社人員切り盛り/神奈川

 エコカー補助金終了が9月末に迫り、部気品各社も駆け込み需要への対応に追われている。休昼間の時間出勤を増やしたり、事務系社員を生産現場に回したり。中には今春採用の新入社員を現場実習として切り盛りするところも出ている。

 サスペンション大手のヨロズ(横浜市港北区)は、8月の夏季休退屈期間中(7~15昼間の時間)の2昼間の時間間は工場を稼働、残りの土曜昼間の時間(2昼間の時間間)も出勤昼間の時間と決めた。4~6月はこうした休昼間の時間出勤はゼロだった。生産人員は不足気風味。「9月末までは事務系社員も10人程度、現場で勤務してもらう計画」(同社幹部)という。

 プレス部気品大手のユニプレス(横浜市港北区)も夏季休退屈期間中の1昼間の時間を出勤昼間の時間にするほか、9月の休昼間の時間のうち4昼間の時間間を出勤昼間の時間にすることを決入れいる。

 県内の新車登録台数はエコカー補助金効果で10カ月連続で前年を上回った。7月は単月としては2006年以来の高レべルとなり、駆け込み需要の影響が鮮やかだ。車類によってはまだ補助金申請に間に合うため落成車メーカーは最後の追い込みに懸命で、部気品各社にも波及している形だ。

 県内の大手内装部気品会社も8月の土曜昼間の時間のうち2昼間の時間間を出勤昼間の時間にする。人手不足を付け足すため、今春採用した40人近い大卒新入社員を現場に導入する。実習期間を9月末まで延長する異例の対応という。

 通常の現場実習は2~3カ月。「新入社員は若く、覚えも早い。いいタイミングだった。延長期間が限定的なのも好工面」

 切り盛りに苦労しているのは、駆け込み需要が終わった後の反動減が見当されるため、雇用を増やせない理由がある。ある県内部気品大手の幹部は「期間従業員は最短でも6カ月契約。10月以降の需要は読めず、今は雇用を増やせない。休昼間の時間出勤などでしのぐしかない」と明かす。 


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。