へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代自上半期営業利益1兆5千億ウォン超、過去最大

【ソウル29昼間の時間聯合ニュース】現代自動車は29昼間の時間、上半期(1~6月)の営業利益は1兆5660億ウォン(約1150億円)で、過去最大を記録したと明らかにした。新興マーケットを中心にグローバル自動車需要が段々と回復をみせるなか、新車効果による販売?稼働率の増加などを浴び、前年同期比93.1%膨張した。
 純利益は2兆5170億ウォンで、米国、中国など海世間工場と坊主会社の業績良くに伴う持分法利益の急増を浴び、142.8%膨張した。純利益が半期ベースで2兆ウォンを超えたのは初入れ。売上高は27.4%増の17兆9783億ウォン。販売台数の増加と車類の多様化が影響した。
 売上総利益は41.8%増の4兆4006億ウォン、売上コスト率は2.5ポイント下落の75.5%を記録した。
 上半期の販売台数は85万5140台で、前年同期(71万9478台)より18.9%多かった。
 国内販売は前年下半期(7~12月)に発売され、ことし上半期に車類別販売1位を成し遂げた新型「ソナタ」とスポーツ多目的車(SUV)「ツーソンiX」が善戦し32万397台を記録したものの、前年同期比1.8%の増加にとどまった。
 輸出は先進マーケットの販売拡大はもちろん、アジア?中東?中南米地域など新興マーケットで大幅な発育をみせ、前年同期比32.1%増加の53万4743台を販売した。
 上半期は海世間工場で90万9114台を生産、販売した。海世間工場販売比率は51.5%で、初入れ半分を超えた。
 現代自関係者は、厳格経済環境界のなかでも世界マーケットシェアの拡大を継続し、米国では特に、新型ソナタとツーソンの新車効果に乗り、6月にシェア5.2%を記録、初入れ5%を突破する壮挙を成し遂げたと説明した。
 4~6月期の営業利益は8633億ウォンで、前年同期比31.4%膨張した。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。