へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車産業の明昼間の時間を占う! ロシアで出るクルマとは? 新興マーケットBRICsを足を運ぶ[1]

お知らせ:
機能充実の「IE8」で色々な動画を楽しとっくに!(一番料)
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 動画
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        自動車産業の明昼間の時間を占う! ロシアで出るクルマとは? 新興マーケットBRICsを足を運ぶ[1]nikkei TRENDYnet 7月29昼間の時間(木)11時19分配信 経済不景気以降、なかなか振るわない自動車産業。その明昼間の時間を知る動機にと、清水和連れ合い氏がBRICsで行われる自動車ショーを巡る旅行を始めた。その初っ端に訪れたのが、2008年夏のロシアでのショーだった。  新興国の自動車マーケットは是非とも急発育する。BRICsを自分の目で見ることで、「自動車産業の明昼間の時間」を知る動機にできるのではないかと思い、BRICs自動車ショー巡りの旅行を始めた。初っ端に訪れたのは2008年夏のロシアだった。

        【詳細画像または表】

         リーマン衝撃が起きた2008年秋の直前、私はかねてから脉していたロシアを訪れることができた。動機はモスクワではまだ珍しい国際自動車ショーが開催されることを知ったからだ。

         経済が急発育する新興4カ国をBRICs(ブラジル?ロシア?インド?中国)と呼ぶが、ブラジルを除くと、インドも中国もロシアも昼間の時間本からは比較的近い国であるにもかかわらず、実態はあまり知られていない。新興国では、先進国がそうであったように自動車マーケットが是非とも大きく立つ。GDP(国内総生産)と自動車マーケットは一心同体のように拡大するものだ。

         つまり、BRICsをじかに自分の目で見ることで、「自動車産業の明昼間の時間」を考える動機に入るのではないかと思い、「BRICs自動車ショー巡り」の旅行を始めたのだ。その初っ端に訪れたのが、2008年夏のモスクワ自動車ショー(モスクワ国際モーターショー〈Moscow International Automobile Salon 2008〉:2008年8月26昼間の時間?27昼間の時間プレスデー、28昼間の時間トレードデー、8月29昼間の時間~9月7昼間の時間一般公開)。

         フライトの関係で成田からパリ経由でロシアに乗りこんだ。エールフランスのボーイング777は最終目的地のモスクワ上空を通り越し一度パリに降り、フライトを乗り継いで東に戻るかたちでモスクワに届く。直行便なら9時間だが、このときは16時間もかかった。

         目と鼻の先て遠い国、ロシアはびりな国なのだろうか。社会主義が崩壊し、資本主義となってから20年の歳月が経った。機中ではいろいろと考えを巡らせたが、鶏冠に浮かぶのはせいぜい昔見詰めたスパイものの映画ばかりで、そうした映画の中でロシアは常に悪役を演じてきた。

         パリからモスクワに向かう機内で、偶然、仏シトロエンの役員と一緒になった。モスクワで開催される自動車ショーに新型モデルを公表するらしい。腕前にはスイスの高級時計「ジャガー?ルクルト」の新作が光る。月給が高いのか、自宅柄がよいのか。着ている背広も英国製で、裏生地のラベルがちらりと見える。

        ロシアと蜜月を築こうというフランス

         しかし、興風味深い話を聞き出すことができた。フランス政府は、アメリカ一極集中経済の終焉を予見して、BRICsへのシフトを始入れいるという。具体的にはロシアと中国とブラジルをパートナーとする国自宅戦略が組まれているとのことだ。シャルル?ド?ゴール飛行場の新ターミナルもロシアからの乗客をターゲットにして作られたのだという。

         フランスは政策などにおいて電気自動車へのこだわりが見える。そこで電気自動車に話を振ると、やっぱり、シトロエンの役員はのってきた。電源に占める原発比率が世界で当然高いフランスは、ウランを椅子化石燃料と位置づけている。その意風味ではウラン資源を有するロシアやウクライナは、フランスにとって、アメリカにおける中東と対等の意風味を有する国と入る。

         アメリカがサウジアラビアやクウェートと蜜月関係を作ってきたように、フランスはロシアとの協調関係を重視する国自宅戦略を持っているという。ロシアにとってもフランスは相性がよい。ナポレオンのロシア遠征という歴史はあったものの欧州史において、両国の間には、後世まで引きずるような紛争は少なかったのだから。

         興風味深い話に聞き入っているうちにモスクワ?シェレメチェヴォ飛行場に到着した。シトロエンの役員と私は護衛にガードされながら、別室に連れて行かれた。モスクワ飛行場にはVIPのための専用イミグレーションがあるのだ。資金や縁故が優先される風習は昔から変わらないのかもしれない。私の時、現地の三菱自動車を取材する計画があったため、現地のスタッフが気を利かせてくれたのである。

         初入れ足を踏み入れたモスクワ──スパイ映画でしか知らない旧社会主義の国に思いを馳せるとき、暗くて寒くて気ままがなくて、貧しさに押し潰されそうな人々があふれ、犯罪者はシベリアに送られ二度と郷里の地を踏めない――などと陰湿な好みをもってしまうかもしれないが、実際のロシアは、笑いが止まらないくらい自動車が売れているのだ。

        ロシア自動車マーケットとSUV

         モスクワ自動車ショーは、ほかの国際ショーと違って、オフロードも走れる大きなSUV(スポーツ多目的車)が主流だった。通貨ルーブルの高騰も影響し、ロシアでは昼間の時間本製高級SUVが売れていると昼間の時間本でも報じられていたが、昼間の時間本製に限らず、どのメーカーも高級SUVを中心に陳列していた。SUVは金の入る木なのである。そのほか、アメリカの自動車文化の影響をうけてか大げさなアルミホールをまとったチューニングカーも人気が高い。

         ところで、モスクワ自動車ショーは、会場にもなった「クロッカス?エキスポ?インターナショナル?エキシビジョン?センター」と「国際自動車工業連合会(Organisation Internationale des Constructeurs d Automobiles/OICA)」が主催し、クロッカス?エキスポが運営もしていたが、背景で支援しているのが「アソシエーション?オブ?ヨーロピアン?ビジネス?イン?ロシア」という集団(Association of European Businesses in the Russian Federation)だった。こんなところにも、ロシア自動車マーケットに機会を見出そうとしている欧州産業界のアクティビティが垣間見える。

         ショーではSUVが目立ったが、実際にモスクワ市民の足として人好きのは比較的合コンクトなセダンだ。たしかに今後を考えると、広大な大地を有するロシアで、アメリカやオーストラリアと同じように大きなSUVの人気が高まっていくのは理解できる。それでも、渋滞や排ガスが凄まじいモスクワ市の現実を知れば、ロシアでも都市では合コンクトカーや電気自動車のほうが適しているといえる。

         モスクワ自動車ショーも、今後はそうしたクルマもアピールする場として発展することが重要だと思えた。

        人気ある昼間の時間本車

         ロシアの自動車マーケットは、2008年で年間350万台くらいの規模にまで急発育を遂げている。そのうち、約70%を海世間メーカーが占める。これに対して、アフトワズなどのロシアメーカーは年々販売台数を落としている。世界の自動車メーカーはロシアを発育マーケットと見込み、西からはドイツやフランスが、東からは昼間の時間本や韓国、あるいは中国メーカーがロシアに食い込とっくにとしている。

         だが、ロシア政府は、中国のように産業政策として自動車産業を育成する考えは少ないようだ。自動車を作るよりも、石油や自然ガス、ウランなどのエ ネルギー資源に集中したほうが有利だと企てている節がある。2度にわたる通貨ピンチを体験し、民族紛争など鶏冠の痛い異常が山積しているロシアとしては、手っ取り早く“強いロシア”を演出しないと国内をまとめきれない。自動車産業を地道に育成するよりも、自動車などが使用するエネルギーの供給国として影響力を強める戦略に傾いているのかもしれない。

         ここで、2008年度にロシアで売れた海世間ブランドの上位を見てみよう。

         上位4社の数字にはロシアで生産している台数も含まれている。今後は昼間の時間産自動車や三菱自動車も現地生産を計画している。三菱自動車は仏PSA(プジョー?シトロエングループ)と共同でモスクワ郊世間に工場を建設し、三菱自動車のSUV「アウトランダー」および車台が共通の「プジョー4007」、「シ トロエンCクロッサー」を生産する計画だ。

         ロシア人から見詰めたとき、プレミアムカーとして映っているのは昼間の時間本車とドイツ車である。その意風味でもPSAにとって、三菱自動車は大切なパートナーなのである。実際、ルノーは昼間の時間産がパートナーなのでロシアでも人好き。

         モスクワで三菱自動車のディーラーを取材した。驚いたことに3分の2のユーザーがキャッシュでクルマを買っている。そのためか、店内にキャッシュディス ペンサーも設置されている。モスクワで当然元気のある三菱のディーラーの時、年間6000台も販売するという。ロシアで売れている海世間ブランド車類別ランキングで、「三菱ランサー」は第4位の人気車類だ。売り上げ上位は、比較的低値段のBセグメントが主だという。

        見えない環境界戦略

         モスクワの昼の顔は80年代の東京に似ている。道路には自動車があふれ、モスクワの環状道路は慢性的な大渋滞だ。しょっちゅう起きる交通事故もモスクワ名物となっている。自動車が急速に増えたので、大気汚染も重大化している。昼間の時間本のミスを反復しているようだ。

         ところで、モスクワでハイブリッド車などのエコカーは走っているのだろうか? 現実はほとんどがガソリン車だ。ディーゼルも値段が高いうえ、ロシアの軽油はサルファ(硫黄分)の含有量が昼間の時間本の100倍もあるということで高性能なインジェクターが使いにくい。同じ事情でガソリンエンジンも、直噴などのモダンなテクノロジーは使われていない。モスクワの排ガス規制は欧州基準で「ユーロ3」レベルだから一歩遅れている。それも新車のみが対象のようで、古い自動車はまったく規制されていない。

         燃費が気に入るところだが、ロシアはガソリンがたいそう安い。通貨ルーブルの為替次第という面もあるが、ガソリンが安いといわれるアメリカよりもさらに30%ほど安い。産油国ロシアはサウジアラビアやクウェートと同じように、ガソリンは水よりも安いのである。

         モスクワの人口は公式には1000万人と言われるが、不法滞在を加えると2000万人に入るという説もある。平均収入は円換算で250万円。まだ、自動車を購入できる層は限られている。おび無料しい数の昼間の時間本車の中古車がロシアに入ってきているが、それらは主にウラル山脈の東側、いわゆるシベリア地方で走っており、モスクワではあまり見かけない。

         昼はなりふりかまわずに働く良きモスクワ市民の姿がモスクワの顔だが、夜の帳(とばり)が下りるころには打って変わったように神秘的な顔つきに入る。建物の世間は質素だが、どの店も秘密クラブのように謎めいたムードがある。モスクワで当然高級車が現れますすると言われるパブに潜入してみた。

         パブで聞いた話では、モスクワの男性の平均寿命は58歳だという。事情はウオッカの飲み過ぎだと、向こうは自嘲していたが、それにしても短い。また、ロシアは自殺率が高い。世界のなかでは昨今の昼間の時間本もかなり高い方だが、なおさら高い。一方で「おさかん度(セックスの回数)」は、ギリシャに次いで多いという。私にはこれらの関係がすごくアン均衡に思えた。

         ロシアでも移動術として自動車がさらに普及するのは間相違ないが、石油があまりにも安いため環境界意識が薄いというのがロシアの実態であった。ロシア政府も中国のように自動車産業についてのはっきりしたビジョンを有するべきなのだが、たしかに冷える地域が多いので電気自動車や燃料電池車の開発促進などは難しそうだ。一方で、ロシアに豊富なエネルギー資源を燃料に使用する自然ガス自動車などはたいそう有効かもしれないのだが…。

         ロシアは産油国であるがゆえ、環境界政策も重要だと考えるが、いまのところ国自宅指導者たちは自動車にも環境界にもあまり興味は高いように見えない。

        (許す)



        スポンサーサイト

        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。