へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国内で輸入車が増加「ドイツ車は順調、昼間の時間本車の人気は下落」

 韓国内の景気が回復のきざしをみせる中、自動車マーケットにもその動きが反映されていることがわかった。今年5月までの輸入車登録台数は3万4318台となり、韓国内における世間国車のマーケット占有率は6.55%になったと、韓国輸入自動車協会(KAIDA)が明らかにした。

 韓国のメディアは、登録台数だけで見ると、昨年一年の間に販売された6万台余りの過半をすでに超えており、輸入車のマーケット占有率6%という数値は、グローバル金融ピンチ従来のレべルだと話している。

 景気が回復傾向にある現在、輸入車に対する購買力も一緒に上昇していると分析されており、その上に輸入車業者が行った値段割引など各類本職モーションが有効に作用したとの見方を示している。

 車類別にみると、韓国内の輸入車マーケットで、不動の1、2位屈指のBMWとベンツが根気強く上昇の威勢を続けている。2006年から10年5月現在までで見ると、新規登録したBMWの全体輸入車対応比重は、3万8668台で14.96%と最も高く、ベンツも同期間3万4296台が売れ、13.27%を占めた。

 一方、昼間の時間本やアメリカなどのメーカーはさえない。クライスラーは07年に7.31%の新規登録率だったのが、毎年下落して、昨年4.45%となり、今年は2.96%となった。またホンダは、07年には13.32%でトヨタのレクサスと輸入車新規登録ブランドの3、4位を争ったが、昨年は8.04%、今年は6.55%にまで暴落。今年の最初からリコール異常で困難を極めたレクサスも、昨年の8.28%から4.09%となり、人気が下落していることが表れている。

 韓国メディアは、昼間の時間本の輸入車ブランドが7月に入って、一斉に破格的な本職モーションを進入れおり、その事情は上半期の販売が不振だったためであり、BMWやベンツなどドイツの自動車会社は販売する車が気品切れとなり、嬉しい悲鳴を上げたのとは、対照的だと話している。昼間の時間本のある自動車メーカーの関係者は「トヨタのリコール異常が昼間の時間本車全般に悪い影響を及ぼした。悪材を覆うことができる無良い話題は新車だが、その新車が出なかった」とのコメントを寄せている。

 また、韓国産の自動車の気品質が向上し、昼間の時間本車が持っていた取り柄が希薄となったことも販売減少の元でではないかとの意見も見られる。(編集担当:李信恵?山口幸治)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。