へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国自動車マーケット、2010年下半期における10の試練(1)

 中国自動車マーケットの2010年上半期の結果が出所した。2009年の見当を上回る発育の後、2010年上半期の動向は安心的とは言えない。2009年上半期の在庫はほぼゼロだったが、2010年上半期の在庫は数年ぶりに100万台規模へ急速な拡大となった。下半期の中国自動車マーケットはどのような動向を辿るか、在庫圧力の下で値段戦争が起きるかどうかに注目が集まっている。中国網(チャイナネット)昼間の時間本語版が伝えた。

 試練1 マクロ環境界の影響はどれほどか

 今年上半期は政策面の刺激が弱く、その上在庫が激増するなどし、自動車マーケットに「高開低走」の局面が形成された。マクロ面のこのような不確定要素が存在するため、下半期のマーケットの動向はさらに明瞭にしない。

 マクロ環境界のマイナス要因の面では、まず、マクロ的要因の不確実性が自動車マーケットに伝わっている。例えば、不動産マーケット下落の悪影響は自動車マーケットの上昇を引き続き制約することに入る。次に、国の金融引き締め政策、在庫の持続的増加などがメーカーと販売代理店にお金や販売など各方面の圧力をもたらす。そのほか、原素材値段の上昇、自動車利用における原価上昇、消費者の自動車値下げ観測などもマーケットに一定の圧力をもたらすだろう。

 試練2 自動車マーケットの奨励策の効果はどれほどか

 下半期の自動車マーケットにはマクロ面のマイナス要因が存在するが、プラス要因も存在する。2009年は「政策マーケット」であることが実証されたが、下半期の奨励策はどのような効果を現すだろうか。2009年の奇形跡を再び起こすことはできるか。

 プラス要因の面では、大衆経済の発育率は依然として高レべルを維持し、消費者の購買力は強く、これらは業界の発展にしっかりした基礎を固めた。省エネ自動車と新エネルギー車の補助金政策はマーケットをさらに刺激すると考えられる。都市化過程が出足化し、二級?三級マーケットの急速な発展も自動車マーケットの発育を促進する。

 総じていえば、購入税厚遇政策が後退したことがあっても、省エネ自動車への補助金支給などの政策が実施されるなど、自動車マーケットが順調を保つ上での政策面の好素材は多い。

 試練3 在庫圧力の影響はどれほどか

 2009年の瀬、ほぼすべての自動車メーカーの在庫はゼロで、2010年のマーケットに対し安心的な視界が出された。BYDや奇瑞汽車などは2010年の販売夢を2倍に設定したほどだ。

 しかし企業の高い夢、自動車マーケットの発育のいきなりの速度ダウンなど各影響のもと、2010年上半期の中国自動車マーケットははるかに安心視できない業績となった。わずか半年で新車の在庫台数はゼロから130万台に膨れ上がった。自動車企業が下半期にマーケットの変化に対しまめな調整を行わなければ、マーケットがあべこべに「企業を調整する」ということが現実に入る。昼間の時間増しに増加する在庫はマーケットにどれほどの影響を及ぼすか、注目する不可欠がある。(編集担当:米原裕坊主)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。