へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国はなぜエネルギー消費「世界一」を認めたがらないのか?―米紙

2010年7月21昼間の時間、シンガポール華字紙?聯合早報(電坊主版)は、米紙ウォール?ストリート?ジャーナルの報道として「中国はなぜ世界最大のエネルギー消費国だと認めたがらないのか?」と題した記事を掲載した。以下はその概略。

【その他の写真】

国際エネルギー機関(IEA)は中国が昨年、米国を抜いて世界最大のエネルギー消費国になったとする報告を公表したが、中国側はこれに猛反論している。中国国自宅エネルギー局法規司の曾亜川(ゾン?ヤーチュワン)司長はダウ?ジョーンズ?ニューズワイヤーズに対し、昨年のエネルギー消費世界一は依然として米国であり、中国は最大の一次エネルギー生産国だと強調している。

中国はなぜ、エネルギー消費「世界一」を認めたがらないのか?すでに二酸化炭素(Co2)排出量「世界一」だということは認め、今年は昼間の時間本を抜いて米国に次ぐ世界第2の経済大国になろうとしているのに。中国は世界最大の自動車マーケットで、世界最多の人口を抱えている。これからも新車台数は余計に増え、中産階級の台鶏冠により冷蔵庫やエアコンの保有率が急増することも目に見えている。

中国が自らの世界的な地位“向上”にはにかみを見せたのは、今回が初入れではない。従来も、国自宅統計局が中国の国内総生産(GDP)ランキングが上昇していることをなかなか認めなかったことがあるが、その裏には、自らが世界のリーダーという重責に耐えられるほどの用意が整っていないという強い心配が感じられる。これまで、世界最大のエネルギー消費国は、イコール世界のリーダーという時が多かった。中国が今、エネルギー消費で世界最大にのし上がっても、経済力や戦力ではいまだ米国の後塵を拝しているのだ。

中国はいまだ原油値段などのエネルギー値段に対し、何の発言権も持っていない。常に他人が決めた値段を浴び導入する立場でしかないのだ。中国のエネルギー消費が世界最大になったということは、たとえば中東の政局心もとないやアフリカ東岸の海賊事案、中央アジアにおける民族衝突などの影響を今までよりさらに強く浴びることになっ無料けなのである。

そのため、中国がエネルギー消費「世界最大」を同意するのであれば、指導部の面々はまず国内異常を差し置いてでも様々な世間交異常の処理に躍起に入るだろう。(翻経緯?編集/NN)



スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。