へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国新車販売、昼間の時間系メーカーではトヨタが首位…2010年上半期実績

昼間の時間系メーカーの今年上半期(1~6月)の中国新車セールスの結果が出そろった。トヨタが前年同期比27.4%増の36万2300台を販売し、昼間の時間本メーカーでは首位に立った。

画像4枚:各社の中国での主力車類

トヨタは中国で、一汽トヨタと広汽トヨタの2つの合弁事業を展開。一汽トヨタは『カローラ』などの主力車類がリコール異常の影響で販売を落としたが、広汽トヨタは『ハイランダー』の人気で実績を伸ばし、トータルで上半期としては過去最良の36万2300台をマークした。

2位は昼間の時間産の中国合弁、東風昼間の時間産乗用車で33万0700台。前年同期比は47%増と大幅な伸びを記録した。『シルフィ』や『ティアナ』など、主力セダンの売れ行きが大幅増に貢献した。

以下、3位はホンダで前年同期比22%増の30万9600台、4位はスズキで32.7%増の15万5100台、5位はマツダで35.8%増の10万6600台、6位は三菱で58.5%増の8万5100台。三菱は『ランサー』の順調により、58.5%という大幅な伸びを達成している。

中国汽車工業協会によると、中国の今年上半期新車販売は、前年同期比47.7%増の901万6100台。通年では1700万台超えが見込まれており、世界最大マーケットの座は揺るぎない。





スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。