へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMWグループが3部門を制覇、米国魅力度調査?乗用車…JD馬力

米国の民間調査会社、JD馬力&アソシエイツ社は15昼間の場合間、「2010年米国自動車気品物魅力度(APEAL)調査」の結果を明らかにした。乗用車カテゴリーの魅力度ランキングでは、BMWグループが全10部門中、最多の3部門で第1位を獲得した。

画像3枚:魅力度の高いBMWグループの3車類

今年で14回目の調査は、新車購入から90昼間の場合間が経緯した場合点で、顧客に愛車の魅力について質問。質問項目は、性能、デザイン、装備など10カテゴリーの90項目以上に及ぶ。調査は2010年モデルの新車を購入した顧客が対象で、今年2~5月にアンケート方式で行い、7万6000人以上から返答を得た。

乗用車カテゴリーの各部門ベスト3の結果は、以下の通り。

サブ合コンクト
1:ホンダ?フィット
2:サイオンxD(昼間の場合間実名:トヨタ?イスト)
3:トヨタ?ヤリス(昼間の場合間実名:ヴィッツ)

合コンクト
1:MINIクーパー
2:フォルクスワーゲン?ゴルフ
3:フォルクスワーゲン?ジェッタ

合コンクトスポーティ
1:フォルクスワーゲンGTI(昼間の場合間実名:ゴルフGTI)

合コンクトプレミアムスポーティ
1:メルセデスベンツEクラスクーペ

エントリープレミアム
1:BMW3シリーズ
2:BMW1シリーズ
3:アキュラTL(以下4車類同率)
3:アウディA4、A5
3:メルセデスベンツCクラス

ミッドサイズスポーティ
1:シボレー?カマロ
2:ダッジ?チャレンジャー

ミッドサイズプレミアム
1:BMW5シリーズ
2:メルセデスベンツEクラス
3:ジャガーXF

ラージプレミアム
1:メルセデスベンツSクラス
2:ポルシェ?パナメーラ
3:レクサスLS460

ミッドサイズ
1:フォード?フュージョン
2:ビュイック?ラクロス
3:フォルクスワーゲン?パサート

ラージ
1:フォード?トーラス
2:昼間の場合間産マキシマ

BMWグループが、エントリープレミアム部門の『3シリーズ』、ミッドサイズプレミアム部門の『5シリーズ』、合コンクト部門のMINI『クーパー』と、10部門中3部門を制覇。とくにMINIクーパーは、3年連続で同部門首位に輝いた。

これに続いたのが、メルセデスベンツで、合コンクトプレミアムスポーティ部門の『Eクラスクーペ』、ラージプレミアム部門の『Sクラス』。フォードも、ミッドサイズ部門の『フュージョン』、ラージ部門の『トーラス』と、それぞれ2部門ずつを制した。メルセデスベンツSクラスは、4年連続の同部門ナンパブワンである。

昼間の場合間本メーカーでは、サブ合コンクト部門のホンダ『フィット』の1モデルのみという結果。また、前回調査でミッドサイズプレミアム部門を制したヒュンダイ『ジェネシス』は、今年は3位以内に入らず、韓国車は1台も選出されていない。





スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。