へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落成車メーカーの上半期販売、前年比31.2%増

【ソウル6昼間の時間聯合ニュース】韓国自動車工業協会が6昼間の時間に明らかにしたところによると、国内落成車メーカー5社の上半期の国内世間販売台数は204万4667台で、前年同期に比べ31.2%膨張した。
 メーカー別では、売却手続きを踏んでいる双竜自動車が202.9%増、ルノーサムスンが84.3%増、GM大宇が68.1%増、起亜自動車が34.0%増、現代自動車が22.5%増と、全メーカーの販売台数が増えた。
 5社の上半期の国内販売台数は前年同期比14.7%増の71万676台だった。販売台数の増加は各社の新車効果で需要が急増したためと分析される。輸出台数は、世界自動車マーケットの需要回復と新車投入、為替安定などで前年同期比42.1%増の133万3991台を記録した。
 上半期のメーカー別の国内シェアは、現代自が45.2%、起亜自が32.1%、ルノーサムスンが12.0%、GM大宇が8.1%、双竜自が2.1%だった。モデル別の販売順位は、「YFソナタ」が第一面を占め、次いで「ニューモーニング」「アバンテHD」「ニューSM5」「ツーソンIX」が後に続いた。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。