へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レクサスのリコール…異常のエンジン部気品

トヨタ自動車が5昼間の時間、リコール(回収?一番償修理)を届け出所した『クラウン』やレクサス『LS』など合計8車類。動画共有サイトでは、米国のユーザーが実際に経験したエンジン不具合の映像が公開されている。

[動画リンク]

今回のリコールは、エンジンにガソリンと大気の層を送り込むバルブの動向を救うバネ部気品、「バルブスプリング」が元で。製造段階で混入した異物によって、部気品の強度が低下し、バルブスプリングが破損。走行中にエンジンがストップするおそれがあるというものだ。

対象と入るのは、レクサス7車類18万台にクラウン9万台を加えた合計27万台。この中には、レクサス『GS』も含まれる。米国のユーザーが経験した不具合は、2008年モデルの「GS460」グレードで発生した。

ユーザーが公開した動画を見ると、GS460の4.6リットルV8エンジンは、修理のためにヘッドが取り世間されており、折れたバルブスプリングと思われる部気品が映し出されているのが確認できる。

このユーザーによると、GS460は新車で購入後、5000マイル(約8000km)を走行。ある昼間の時間いきなり、アイドリングが心もとない定になり、エンジンが停止したとのことだ。幸運にもヘッドやピストンは破損しておらず、インテークバルブとバルブスプリングを交換することになったという。

トヨタは5昼間の時間、この不具合を約2年前から理解していたと認めたため、新たな異常に発展する割合もある。元でとされる破損したバルブスプリングの表情が収められた映像は、動画共有サイトで見ることができる。







スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。