へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重くて堅い物に触ると本気度がアップ

お知らせ:
正しい知恵で インターネットを楽しく安全に
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 動画
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        重くて堅い物に触ると本気度がアップナショナルジオグラフィック 公式昼間の時間本語サイト 6月25昼間の時間(金)16時3分配信  求職中の人なら注目すべき情報だ。人事担当者は軽く薄い用紙を使った履歴書よりも重く厚い紙の履歴書を熱心に検討する割合がある。

         最新の探求によれば、わたしたちの考え方や気分は一番意識のうちに触感に左右されているという。「人間は物理的な重さを体験、つまり感じると、それまでよりも熱心に物事を認識するように入る」と、今回の探求を率いたマサチューセッツ工科大学でマーケティングを教えるジョシュア?アッカーマン教授は告白する。

         アッカーマン氏のチームは、重さの異なるクリップボードや、表面の肌触りが異なるジグソーパズルなど、肌触りや重さの異なる6類類の物を被験者に持たせる実験を行った。その結果、触感によって被験者が浴びる印象や意思決定に差がでることが明らかになった。また、新車を購入しようとする顧客が木のポストに腰かけている時は、布弾力のポストに座っている時よりも価格の折衝に厳しく入ることもわかった。

        「つまり、木のポストに腰掛けると交渉する気分になりにくいということだ」とアッカーマン氏は語る。総じて被験者は、堅い物に触れていると他者との交流が難しく感じるように入ると探求では述べている。

         また、触感と気分との関係は、人が天性たときから始まっている割合が高いという。アッカーマン氏によると、人が天性て初入れ体験するのは身体的な体験である。発育するに追随して周りの世界との関係は抽象的な性質を帯びるが、それでも他者とのコミュニケーションは身体的な体験に頼っている。

         それは“重い判断”や“しなやか様坊主”などの慣用表現にも表れているとアッカーマン氏は語る。「私たちが体験する数多くの身体的な体験は、必然的にさまざまな事象に対する認識と結びつく、つまり関連付けられることに入る。この結びつき、つまり関連付けは、一度作られると二度となく入ることはない。つまり、身体的な体験をさせることで、周りの世界に対する認識の仕方を変化させることができるということだ」。

         企業のマーケティング担当者、デザイナー、世論調査員が今回の発見を活用すれば、人々の状況認識の方角づけも可能に入るとアッカーマン氏は述べている。

         今回の探求は「Science」誌2010年6月25昼間の時間号に掲載されている。

        John Roach for National Geographic News


        スポンサーサイト

        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。