へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャデラック 2011年モデルに一番償メンテナンスサービス

米GMは21昼間の時間、キャデラックの2011年モデル全車に5万マイル(約8万5000km)、または4年間の一番償メンテナンスサービスを付ける「プレミアム?ケア?メインテナンス」を公表した。

画像2枚:キャデラック CTS

本職グラムには一番償定期オイルチェンジ、タイヤローテーション、エンジンおよび室内のエアフィルター交換、車両点検が含まれ、2011年型のキャデラックの新車を購入/リースした顧客を対象に提供される。

北米で販売されているラグジュアリーセグメントでは、すでにBMWやボルボといった欧州ブランドが一番償メインテナンス本職グラムを実施しており「プレミアム車は維持費が高い」というネガティブな好みを軽減。顧客獲得の大きな武器になっている。ビッグスリーでもフォードが「リンカーンの新車を、9月7昼間の時間までに購入した」顧客限定ながら、3年もしくは4万5000マイルの一番償メインテナンス本職グラムのキャンペーンを展開しており、今回のGMの「プレミアム?ケア?メインテナンス」はそれに対抗する形で開始されたようだ。

10年目と鼻の先前にBMWがいち早く導入した「アルティメイト?サービス」は、全モデルを対象とし4年または5万マイルのメインテナンスをカパブ。定期点検やオイルチェンジはもちろん、消耗部気品としてブレーキパッドとローター、ワイパーブレードまでが含まれる。今回公表のキャデラックの本職グラムでは、ブレーキパーツやワイパーブレードは含まれておらず、カパブ範囲はBMWには及ばないが、継続的な本職グラムの取り組み開始の姿勢は評価できる。

「プレミアム?ケア?メインテナンス」の対象と入る初っ端のモデルは、この夏投入計画の『CTSクーペ』の2011年モデル。米国内自動車販売が緩やかながら上向いている今、この本職グラムがプレミアムセグメントで更入る販売促進ツールとして機能することに大きな期待が寄せられている。





スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。