へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BtoB向けテレマティクスの真打ち、「G-BOOK BIZ」の割合とは…神尾寿

テレマティクスの先駆者にして、その代表的なサービスでもあるトヨタ自動車の「G-BOOK」が法人マーケットにも乗り出した。それが「G-BOOK BIZ」である。同サービスはトヨタとトヨタメディアサービスが開発し、全国のトヨタレンタリース店を便秘気味て提供されるBtoBの法人向けテレマティクスだ。

[写真4点]

これまで法人向けテレマティクスというと、いすゞ自動車の「みまもりくんオンラインサービス」など大型車向けの好みが強かったが、運行台数の多さでは一般リース車両は見逃せない存在だ。G-BOOK BIZは、G-BOOKで培った技術をもとにリースマーケット向けに提案された気品物と言える。ここでは、G-BOOK BIZのアウトラインと割合について考えてみたい。


◆”現場のニーズ”が生んだトヨタ初の法人向けテレマティクス

まずはG-BOOK BIZのアウトラインを見てみよう。

G-BOOK BIZは法人向けテレマティクスのひとつであり、専用の車載器をリース車両に取り付けることで利用する。主なサービスは、「運行管理」や「安全運転啓発」、「エコ運転啓発」、「セキュリティ」など。一般的なG-BOOKのようにカーナビ連携して様々な情報を出すのではなく、割り知ってパブ向けには朝飯前な音によるインフォメーションを基本とし、運行管理者向けの報告書作成を主に行っている。なお、現在取り付け可能な対象車類は、『本職ボックスバン』『サクシードバン』『カローラアクシオ』『カローラフィールダー』『ハイエースバン』『レジアスエースバン』『ヴィッツ』『プリウス』『プリウスEX』などだ。

「G-BOOK BIZ開発のバックには、『お客様および営業現場からの強いニーズ』があります。また(G-BOOKを開発する)e-TOYOTA部としても、以前の個人割り知ってパブ向けG-BOOKのほかに法人向けの新たなサービスを作りたかった」(トヨタ自動車e-TOYOTA部システム開発室G-BOOK開発グループ長の清水丈範氏)

周知のとおりG-BOOKは、昼間の時間本の個人向けテレマティクスの先駆者であり、2010年1月末現在で約150万台の利用登録台数を持つ。G-BOOK BIZはこの開発技術を生かしながら、新たに業務用車両向けにテレマティクスを作ったのだ。

「レンタリース事業という観点でも、(G-BOOK BIZ)テレマティクスはぜひとも望んでいた気品物でした。トヨタレンタリースでは『TCM Support (Toyota Car Management Support)』というASPの運行管理ソリューションを提供していますが、リース車両についてより詳細なデータ活用をしたいというニーズは以前からありました。ITによる車両管理の有益を重視するお客様が増えているのです」(トヨタ自動車レンタリース部営業推進室リースグループ長の石坂勝美氏)

トヨタのレンタリース店が保持つリース車両は約45万台、顧客数は約11万法人。その多くは保有台数100台以下の法人が殆どだという。大手宅配便事業者のように業務に使う車両が数千~1万台以上ともなれば専用の運行管理ソリューションの開発と入るが、100台未満で単独のシステム投資は五月蝿い。そのため中規模でリース車両を使う法人顧客には、安価かつ朝飯前に利用できるASP型の法人向けテレマティクスのニーズが根強くあるのだ。


◆“G-BOOK共用”で気品質と低原価化を両立

業務で使うものだから、サービス気品質は重要だ。しかし一方で、導入?維持原価も抑えなければならない。その点でトヨタのG-BOOK BIZは、すでに大規模に普及しているG-BOOKのインフラを活用することで、その両立を実現している。

「例えば、G-BOOK BIZのセキュリティ機能では、G-BOOKのG-Securityのコールセンターなどをサービスインフラを共有しています。これにより他社の法人向けテレマティクスにない車両盗難時の位置追形跡と守衛の派遣まで実現しました。こういった盗難追形跡サービスはインフラ原価が大きいため、(警備保障会社の専用サービスを除けば)他社の法人向けテレマティクスでは実現していません。G-BOOKとの共用をしているからこそ実現できたサービスと言えますね。

他にも、G-BOOKとセンター設備を共有にすることで原価を抑えてサービス利用料を低く設定するなど、(G-BOOK共有の)有益は大きい」(トヨタ自動車e-TOYOTA部テレマティクス企画室G-BOOK企画グループ長の松岡秀治氏)

専用車載器にも工連れ合いがある。G-BOOKではKDDI製の通信モジュールを内蔵し、事故時の非常通報にも対応した高機能型のDCMを採用しているが、G-BOOK BIZでは低原価化を重視。同じKDDI製モジュールを採用するものの、機能が簡素化された専用タイプになっている。これによりカーナビとの綿密な連携やエアバッグ連動での非常通報機能などは省かれてしまったが、一方で、「カーリース料にサービス利用料を含める形で、1台あたり月額およそ2500円程度*という低原価でG-BOOK BIZの提供が可能になった」(松岡氏)のだ。

*車載機値段を含めた60か月リース契約の時。料金は各レンタリース店が他のサポート献立と合わせ単独に設定

周知のとおり、法人で利用する業務用車両向けテレマティクスは運行管理が主な目的と入るため、利用するクルマの一部だけの導入ではあまり意風味がない。可能なかぎり多くのクルマで利用するのが、導入効果を上げる原則だ。この際に重要に入るのがサービス利用料がどれだけ低く抑えられているかだが、G-BOOK BIZはこの「低原価」ニーズに十分に応えられるものになっているのだ。


◆安全運転支援とエコ運転支援で生産性を向上

具体的なサービスも見てみよう。

前述のとおり、G-BOOK BIZの基本サービスは「運行管理支援」?「安全運転啓発」?「エコ運転啓発」?「セキュリティ」の4領域に入るが、この中で昼間の時間常的に利用される機能と入るのが、運行支援管理と安全運転啓発だろう。

G-BOOK BIZでは導入車両ごとに「運転診察報告書」という昼間の時間報の作成機能がある。ここにその昼間の時間の走行履歴や移動距離はもちろん、エコ運転の度合いや安全運転をこてこてのかといった項目が「評点」として表示されるのだ。この審査基準はかなり細かく、ダイヤグラム表示もされるため、運行管理者は割り知ってパブの業務をしっかりとチェックすることができる。

「運転診察報告書は、G-BOOK BIZの管理者画面から朝飯前に呼び出すことができますので、管理者はPCとWebブラウザーがあればこれらの機能が利用できます。また、各評点の審査基準などは標準設定のほかに、管理者がカスタマイズすることも可能です」(前述の清水氏)

G-BOOK BIZを用いると割り知ってパブの運転が細かくチェックできるため、データに基づいて割り知ってパブに安全運転やエコ運転の指導が可能に入る。また正確な地図入りで昼間の時間報が作成されるため、管理業務の省力化にも貢献するのだ。

また毎昼間の時間の昼間の時間報作成だけではなく、リアルタイムでG-BOOK BIZ搭載車両が「今どこにいるか」を検索することも可能だ。G-BOOK BIZでは同時に最大5台までの車両検索に対応しており、要望があれば台数を増やすことも検討中である。

もちろん、G-BOOK BIZの有益は管理者向けのみではない。運転中の割り知ってパブにもある。その中でも代表的なものが、安全運転啓発の急出足?急減速の警告機能だ。

これはその名のとおり、急な出足や急ブレーキを行うと車中に呼び鈴音を鳴らして警告してくれる機能で、呼び鈴を鳴らさないようにすると天然と丁寧な運転に入るように設定されている。交通事故の抑止につながり、さらにエコ運転にもつながる。特にプリウスなどハイブリッドカーではモーター走行と回生ブレーキを能率よく使うことにも入るので、安全だけでなく燃費向上にも貢献するのだ。


◆秋頃には既販車にも対応。リースマーケットでのシェア拡大を目指す

G-BOOK BIZは今年3月に始まったばかりのサービスであり、まだ「引き合いは多いが、意識の高い一部のお客様が導入しはじ入れいる段階」(石坂氏)だ。現在のG-BOOK BIZはリース車両の導入時に新車同時装着をする不可欠があるため、各顧客企業の車両入れ替えタイミングにならないと、サービス利用ニーズがあっても導入できないという課題もある。

「(すでにリース中の)既販車への対応ができないと、G-BOOK BIZを使いたいというお客様のニーズに応えきれない。見当以上に多くのご要望があったため、本年の秋頃にはG-BOOK BIZの既販車対応を行う計画です」(松岡氏)

まだ始まったばかりのサービスということもあり、年内の契約車両夢などは特にないというが、「リース車両のテレマティクス需要は間相違なくあります。導入が朝飯前になり、サービスの認知度が上がれば、この領域が伸びることは間相違ない」(松岡氏)。
 
トヨタ以世間を見渡しても、法人向けテレマティクスは着実に伸びている堅実なマーケットだ。原価削減と運行管理以世間に、環境界?安全領域に対する企業ニーズも高まっている。G-BOOK BIZの登場で、リース車両向けのテレマティクスマーケットはさらに活性化しそうである。





スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。