へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VW ジェッタ 新型、初公開

フォルクスワーゲンは15昼間の時間、米国ニューヨークにおいて、新型『ジェッタ』を初公開した。同社の新しいデザインDNAを入れるとともに、世界で最も燃費性能に優れるミドルセダンを標榜する。

画像:新型VWジェッタ

ジェッタは、世界累計販売960万台というヒット作。とくに、米国での人気が高い。世間観は、今年1月のデトロイトモーターショーで披露した『NCC』(ニュー?コンセプト?クーペ)のモチーフを採用。現行ジェッタよりも躍動感のあるさが強調された。また、『ゴルフ』とのボディの共用パーツはまったくなくなり、シャープなボディラインや筋肉質な面構成に、フォルクスワーゲンの新しいデザインDNAが表現されている。

新型のボディサイズは、全長4640×全幅1780×全高1450mm。現行型よりも、全長は90mm、ホイールベースは70mm延ばされた。これは、室内の余裕と快適性の向上に直結しており、後席レッグルームは967mmと、現行比で67mm膨張した。

内装のクオリティもアップ。上下で色使いを変えたツートン仕上げのダッシュボードや、新デザインのステアリングホイールが採用された。ダッシュボード中央は、やや割り知ってパブ側に向けたデザインで、スイッチ類の制御性に心遣いする。リアシートは40対60の分割可倒式。6エアバッグをはじめ、安全面も万全の備えを見せる。

北米仕様のエンジンは、ガソリン3、ディーゼル1の全4類類。ガソリンは2.5リットル直列5気筒(170ps)を筆鶏冠に、2.0リットル直列4気筒ターボ「TSI」(200ps)、新開発の2.0リットル直列4気筒(115ps)を準備。ディーゼルは、新開発の2.0リットル直列4気筒ターボ「TDI」(140ps)となり、米EPA(環境界保護局)見当燃費は14.5km/リットルと優秀だ。

欧州向けには、6エンジンを準備。ガソリンは1.2「TSI」(105ps)、1.4「TSI」(122/160ps)、2.0「TSI」(200ps)、ディーゼルは1.6「TDI」(105ps)、2.0「TDI」(140ps)だ。トランスミッションは6速DSGを基本に、1.4TSIには7速DSGが設定される。

アイドリングス第一面やブレーキエネルギー回生システムを装備する1.6TDIの「ブルーモーション」仕様は、欧州複合モード燃費24.39km/リットル、CO2排出量109g/km。全長4600mmクラスのミドルセダンとしては、世界で最も燃費のいいモデルを標榜する。

新型ジェッタは、米国では2011年モデルとして、年内に発売。ベース値段は1万5995ドル(約147万円)からと、現行比で1740ドル(約16万円)引き下げられた。フォルクスワーゲンは2018年までに、米国の年間新車販売を80万台に引き上げる構想を描いており、新型ジェッタがその夢達成に、大きな役割を担うことに入る。





スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。