へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド新車販売が39%の大幅増、スズキが過去最良…5月実績

インド自動車工業会は9昼間の時間、インド国内の5月新車セールスの結果をまとめた。商用車を含めた全販売台数は、23万9155台。前年同月比は39%増と、引き続き順調だ。

画像:スズキとタタの主力車

主力は乗用車で、前年同月比35%増の19万0575台を販売。商用車は、58%増の4万8580台をセールスした。

乗用車のメーカー別結果は、首位のマルチスズキが、前年同月比27.2%増の9万0041台と、過去最良の販売実績。主力のA2セグメントの『アルト』、『ワゴンR』、『ゼン?エスティロ』、『スイフト』、『リッツ』(昼間の時間実名:『スプラッシュ』)、『Aスター』が、トータル6万2679台を販売し、前年同月比は16.6%増と伸びている。

2位のヒュンダイは、2万7151台をセールス。前年同月比は16%増と順調だが、首位のマルチスズキとは、3倍以上の隔たりがある。

3位のタタは、前年同月比42%増の2万3489台。『インディゴ』シリーズが133%増の6600台を売り上げたほか、超低値段車の『ナノ』が3550台を販売。『スモー』、『サファリ』シリーズも、6%増の2708台と着実な販売実績を上げている。






スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。