へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックにもハイブリッド化の波

お知らせ:
インターネットを安全に使用する対策を
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 動画
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        トラックにもハイブリッド化の波ナショナルジオグラフィック 公式昼間の時間本語サイト 6月8昼間の時間(火)18時51分配信  環境界ノウハウ領域を専門とするアメリカのマーケット調査会社パイクリサーチ社は、ハイブリッドエンジンを搭載したトラックやバスが今後5年間で急速に普及するとの予測結果を発表した。アメリカでは近い将来、各地でハイブリッドのトラックやバスを目にすることに入るだろう。一方、轟音をとどろかせてハイウェイを疾駆する大型トレーラーがハイブリッド化するのはとっくにちょっぴり後に入るらしい。

         パイクリサーチ社が発表した報告書では、世界の中?大型ハイブリッドトラックおよびハイブリッドバスのマーケット規模は、2010年の年間9000台から2015年には10万台以上にまで拡大するとの予測が示されている。一方、アメリカの大手トラックメーカー、ナビスター(Navistar)社とフレイトライナー(Freightliner)社は、今年から来年にかけて、電力だけで駆動する中型の電気トラックを新たに発売するという。中型電気トラックのマーケットには、既に新興中小メーカー数社が存在するが、そこへ大手2社が新規参入する形だ。

         パイクリサーチ社は、世界のハイブリッドトラックの新車販売台数について、今後5年間で30万台を上回ると予測している。報告書を作成したデイブ?ハースト氏によると、この予測結果に従えばハイブリッドトラック?バスの需要は年平均63%の発育を期待できるという。

         これに対して、トヨタのプリウスなどハイブリッド乗用車の今後5年間の需要伸び率は、年平均で13%前後に留まると見られている。実際、景気悪化の影響で自動車業界が重大な被害を浴びたアメリカでは、ハイブリッド乗用車の販売台数が2007年の35万台をピークに減少に転じ、昨年は30万台を下回る落ち込み振りだ。

         ハイブリッドトラックの販売増加の要因は、燃料値段の高騰にあるとハースト氏は企てている。現在、運送会社各社の運営費用の17~50%をディーゼル燃料費が占入れおり、ハイブリッドトラックの導入は大幅な原価削減に直結する。

         非営利集団CALSTARTの責任者ビル?ヴァン?アンブルグ氏は、10年前から「ハイブリッドトラック?ユーザーズ?フォーラム(Hybrid Truck Users Forum、HTUF)」を便秘気味てハイブリッドトラックの普及促進に努入れきた。HTUFなどの普及促進集団もパイクリサーチ社と同様、トラック輸送業界でハイブリッドトラック導入への動向が急速に進むと予測しているという。

         運送会社がハイブリッドに傾斜する主なバックには、燃料値段の乱高下に影響されたくないという思惑があるとヴァン?アンブルグ氏は告白する。「燃料値段上昇傾向は誰の目にも明らかだ。数年後にはよほどなレべルに達するだろう。だが燃料依存度が低い車両を導入すれば、少なくとも値段の変動に煩わされずに済む」。

         またハイブリッドトラックが普及すれば、温室効果ガスの排出量が減少するため環境界保全にもつながる。「燃料の使用量が減少すると同じ可能性で二酸化炭素の排出量も減少する。つまり、使用量を10%削減すれば、排出量も10%減少することに入る」とヴァン?アンブルグ氏は説明する。

         アメリカトラック協会(American Trucking Associations)のロパブト?ブラスウェル氏によると、ハイブリッドノウハウは実用の中型車に応用してこそ最大の効果を発揮するという。「多目的の中型車は輸送術だけでなく現場作業の動力源にも入るが、ハイブリッド車なら発電機を乗せて走る不可欠はとっくになく入る」。

         長距離輸送の大型トラックは、ハイブリッドノウハウの取り柄があまり生かせないという。近頃のハイブリッド車には、頻繁なブレーキ制御を利用してバッテリーを充電する「回生ブレーキ」というノウハウが採用されている。しかし、長距離トラックは荷物の積み下ろしをしょっちゅう行う中型車に比較するとブレーキ制御の回数がずば抜けて乏しい。ブラスウェル氏はこう告白する。「例えば、ニューヨークからロサンゼルスへの直行便の時、市街地を抜けて主要道路に乗れば、目的地までブレーキを踏むのはせいぜい1時間に1回ぐらいだろう」。

         一方、バスやゴミ収集車、宅配用トラックなど発進と停止を繰り返却する車両を回生ブレーキ付きのハイブリッド車に切り替えれば、極入れ大きな原価削減が実現できる。「現在、ハイブリッドトラック導入の障害になっている最大要因はやはりその値段だ」と、前出のハースト氏は告白する。

         ハイブリッドトラック?バスは、エンジンだけのタイプの約1.4~1.7倍もするのだ。アメリカでは現在、事業用車両をハイブリッドに切り替える事業主に対して、連邦政府や州政府がさまざまな厚遇措置を講じている。今後、ハイブリッドトラックやハイブリッドバスの普及が進むかどうか注目される。

        By Ker Than for National Geographic News


        スポンサーサイト

        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。