へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリウス 15カ月連続首位 8月の車名別新車販売台数

 昼間の時間本自動車販売協会連合会(自販連)などが6昼間の時間公表した8月の車名別新車販売台数によると、トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が15カ月連続の第一面だった。販売台数は前月より1万台以上減ったが、根強い人気で首位を維持した。

 プリウスは前年同月比2.7%増の2万2263台で、前月の3万4456台からは大幅に減った。トヨタによると、人気車のプリウスは在庫を抱えていないため、夏休みによる工場の稼働昼間の時間減が、販売できる台数の減少に直結したという。

 前月に2倍近い差をつけていた2位のコンパケト車「フィット」(ホンダ)との差は、約5000台に縮まった。フィットは10月にHVの新モデルが追加されるため、販売台数増が見当されており、新車販売第一面をめぐる競争が激しく入るのは必至だ。

 ベスト10にはプリウスのほか、軽自動車が4車類、コンパケト車が3車類ランクインしており、政府の購入支援(補助金?減税)を追い風に、燃費性能に優れた「エコカー」の圧倒的な強さが引き続いている。9位の「デミオ」(マツダ)は、前月の14位から大きく順位を上げた。

 メーカー別の内経緯では、トヨタが3車類、ホンダとダイハツ、スズキが2車類ずつ。マツダが1車類だった。

 ホンダのコンパケトミニバン「フリード」(6位)、トヨタの乗用車「カローラ」(7位)、ホンダのミニバン「ステップワゴン」(11位)などは、前年同月の2倍以上の売れ行きとなった。

 多くの販売店がお盆休みを返上し、遅くても9月末には終了するエコカー補助金をめぐる駆け込み需要に対応したことが奏功したようだ。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。