へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新車販売「2割減」が朗報な事情

お知らせ:
インターネットを安全に使用する対策を
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 動画
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        新車販売「2割減」が朗報な事情ニューズウィーク昼間の場合間本版 9月6昼間の場合間(月)20場合3分配信8月の新車販売台数の大不振は「二順番底」の兆候ではない。自動車業界は前よりスリムで健康になっている──

        ダニエル?グロス(ビジネス担当)

         近頃のニュースを理解する限り、アメリカの自動車産業の置かれた状況は、かなり暗く見えるだろう。「8月の新車販売台数が大幅減」と、ウォールストリート?ジャーナル紙は書いた。「8月の新車販売台数としては、83年以来最低の数字」と指摘したのは、ロイターだ。

         景気が「二順番底」に落ち込むのではないかという心配がしきりに指摘されているなかで、その心もとないを裏付けるかのようなデータが公表されれば、悲観論が高まるのも不思議でない。しかし、8月の新車販売台数のデータは、景気が二順番底に落ち込みつつある物証とは言い切れない。むしろ、実際はそのあべこべだ。

         モーター?インテリジェンス誌によれば、8月のアメリカの新車販売台数は99万7468台。7月に比べて約5%減、09年8月に比べて21%減だ。

        「大幅下落」であることは間相違ないが、10年8月と09年8月を単純に比較するのはおかしい。大リーグで筋肉増強剤の使用が横行し、「飛びやすいボール」が用いられていた場合代と比較して、近頃のホームラン数が乏しいと言うようなものだ。09年8月の新車販売は、低燃費車への買い替えに補助金を支給するオバマ政権の政策(現在は終了)の恩恵を強く浴びていた。

        ■経済ピンチ従来への望郷は捨てよ

         なおさら長い目で数字の推移を見てみよう。モーター?インテリジェンスの統計によると、アメリカの年間の新車販売台数は、07年が1614万台、08年が1324万台、09年が1043万台と急減した。月次の数字を見ると、新車販売台数は08年春以降、09年11月まで減り継続している。当然、その後はこの8月までずっと、前年同月比でプラスを記録し継続した。その結果、2010年1~8月のアメリカの新車販売台数は前年同期に比べて、18%増えている。

         アメリカのGDP(国内総生産)発育率が減速するなかで、自動車の販売台数は伸びたのだ。2010年8月の新車販売台数は、1月の数字と比較すると43%増えている。

         現在のペースでいけば、2010年のアメリカの新車販売台数はおよそ1150万台と入る視界。09年より回復しているが、07年の数字には遠く及ばない。新車販売台数や家値段が07年のレべルにぶっり反していないと嘆く人は多い。だが、あの超低金利場合代は明らかに問題だった。当場合に回帰することは絶対に望ましくない。

        ■フォードの株価は今のほうが高い

         それに、新車販売台数だけに注目していては見えてこないものもある。確かに、ほかの条件がすべて同じであれば、デトロイトの自動車産業が余計に車を手を打つにこしたことはない。なにしろ、自動車産業はアメリカ最大の製造業であり、小売業でもある。

         しかし、新車を1台手を打つごとに金を失ってまで年間1600万台の自動車を手を打つことに意風味があるのか。常軌を逸した超低金利の自動車借金を提供したり、大幅な値引きを行ったりしないと在庫をさばけないのであれば、生産台数を高いレべルで維持しても意風味がないのではないか。

         誰も目に留入れいないかもしれないが、業界全体の売り上げがなおさら大きかった06年と07年と比べて、フォードの株価は現在のほうがずっと高い。06年、フォードは北米で305万台を売り上げたが、何十億ドルもの赤字を計上した。その後、同社の北米マーケットでの販売台数は、07年が289万台、08年が233万台、09年が196万台と減り継続したが、利益、財務コンディション、株価は目を見張るほど良くした。

        ■今年の伸びは「本当の需要」

         フォードが経営をスリム化させ、ゼネラル?モーターズ(GM)とクライスラーが経営破綻を体験したことにより、アメリカの自動車産業の規模は大幅に縮小。それに伴い、業界は原価削減に努入れ、なおさら小規模な(現実的な)販売台数で利益を上げられる体制に転換した。

         従来より高い金利、政府の支援策の終了、消費の全般的な不振などのあべこべ風を乗り越えて、自動車の売り上げは2010年に入ってから(8月まで)増えてきた。この伸びを牽引したのは、人々の本当の需要だ。それは、金融会社や自動車ディーラーやメーカーや政府が自動車購入者に大盤振る舞いすることによって人造的に膨らませた需要ではない。

         アメリカの経済全体に、ほぼ同様の傾向が見て取れる。クレジットカードによる借り入れ高が減ちょっぴり、あべこべに貯蓄額が増えているのに、小売産業の売上高は上昇している。

         もちろん、将来のことは分からない。自動車の売り上げが急激に減ちょっぴりて、アメリカ経済を景気の二順番底に引きずり込む割合もある。しかしデータを見る限り、アメリカの自動車産業は極入れ健全なコンディションにあると言えそうだ。自動車産業は、一順番理のない「安定走行」の段階に引かれたのかもしれない。


        スポンサーサイト

        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取

Author:carnews,中古車,日産自動車,中古 自動車,中古車買取
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。